ドーベルマン桜子ですが、
自力での立ち上がりが、ほぼ全く出来なくなりました。
でも流れ出る鼻血は、なんとか止まっています。(微量出血のみ)

それでもトイレをしたくなると、全身の力を振り絞って立ち上がろうとするので、
久しぶりにバリケンの半分を出してみました。

四方に壁があると、そこへ前足/後ろ足を押し付けて
何とか立ち上がることが出来るからです。
しかし「ハウス」の状態はあまり好ましくない様子で、出たいなぁ~って顔をしています。この写真を撮ったのは夕食のとき。お肉を食べた後で、目に元気があります。

f0002218_1325754.jpg


食欲があまりないと言っていたのが先週末。
と言っても、チビチビと食べながら過ごしていた。
摂取量は、通常時の3分の2ほど。
その後、今日までそんな感じのままの食欲。
なんだかんだで、肉を400g~は食べている。

昨日「発熱してます。トイレ以外は、ほとんど動けない様子です」と書いて、
部屋の中でオシッコをしてしまったのが、
24(日)に2回、
25(月)に1回、
そして今日26日(火)20:30 に1回。

今日は、わたしが外出から帰宅したら、自分の布団の上でオシッコをしていて、桜子はカーペットで寝ていた。ちなみに桜子が部屋の中でオシッコをしてしまうことは、まず有り得ない。ましてや自分の寝床で排泄することは絶対にない。明からに体調が悪くて仕方なくしてしまったのだと思う。

まだ変調はいくつかあった。
まずは、24日(日)からとても水をたくさん飲むようになった。いつもの倍は確実に飲んでいる。40℃の発熱のせいで、暑くて喉が渇いているのだと思っていた。ちなみに、うっすらと出ていた血尿は、ここ1週間きれいさっぱり出ておらず、毎回きれいなオシッコを見ては「よしよし♪」と思っていました。

しかし、よく考えると、おかしい点に今日、気付いた。オシッコがあまりにもきれい過ぎる。「血尿か否か!?」に拘って見ていたけれど、臭いといい、色味といい、薄すぎる。量も多すぎる。

今日は異常と言うほどに水を飲んでいる。おしっこの回数もいつもの3倍くらい?4時間以上は我慢できない状態。血尿で頻尿ならば、膀胱炎も考えられるけれど、なんとなく違う気がします。

あともう1つ気になっていることがある。それは桜子の「におい」
ここ2、3日、独特な臭いにおいを全身から漂わせている。ドーベルマンや犬の体臭とかではない。ふと、ミニマムが門脈シャントの術前にさせていた、あの「におい」を思い出す。アンモニアの臭いなのです。胃薬と増血剤は今も続けて飲ませているのですが、投薬の際に桜子の口にわたしの手を押し入れるのですが、その後の臭いも明らかに今までと違って「臭く」なっている。

とうとう腎臓?腎不全?それとも尿崩症だっけ?尿毒症?

血液検査は3週間以上していない。
桜子の内臓も血液も、既に悲鳴をあげているのかも知れない。
って言うか、そんなのはわかってぃるけれど。

何か少しでも楽になる方法はあるのかな。
病院、連れていくしかないのかな。
そんなことすら、しない方が桜子のためなのだうか?

まずは、明日までがんばろう。
一生懸命生きてる桜子を何とかして支えなくては.....
[PR]
ズクズクとなんとか凝固していた鼻血ですが、
今先ほどから、とうとう流れ出てきました。
水で薄めたような、サラサラでなんともか弱い血液です。

「ほんと薄いなぁ~」と意外にも冷静にしている自分がいます。

これが桜子の本当の姿。
この血液こそが、今の桜子なのだと思います。

だけどわたしは諦めない。
ちゃーちゃんもきっと諦めてない。

f0002218_030825.jpg

桜子と同じ状況になった、他のワンコも頑張って生きているって。
悪性リンパ腫、幾度もの再発。DIC陽性。

一緒に生きよう。
がんばろ。

明日も、明後日も。

コメント、ありがとうございます。
いつも心から励まされてます。
[PR]
具合の悪い顔です...

f0002218_17284237.jpg

いくつか書きかけのまま未公開になっている記事があるのですが、先にリアルタイム更新で記事をupしておきます。

つい先日「桜子の食欲があまりない」と書いたのですが、やはりゆっくりと容態は下り坂に向かっています。昨日24日から40度を越える発熱が続いてまして、呼吸もかなりしんどそうです。「スーッ!ハッ!スーッ!ハッ!」と常時深呼吸をしているような感じです。微量の鼻血も出ており、鼻かぜを引いたようなズルズル呼吸も重なり、うーん....どうしましょうか状態です。

クーリングをまめにしてあげると、スヤスヤと眠ります。あと、そうそう。歩行がほとんど出来なくなっています。トイレ以外はここ2日間、動きません。部屋での失禁も2度ありました。食事も寝ながらとっています。食べるだけでもすごいですけどね。

リンパ腫の腫れは、ずい分と進行したように感じます。大きな固形物を飲み込むのは、もう出来なくなってきました。発熱は、悪性リンパ腫の進行が原因と考えられますが、一先ずは解熱剤しか対処方法がありません。

「さて。在宅酸素室でもレンタルしようか....」と考えながら、ふと、自分は桜子をどうしたいんだと思う時があります。多分きっと、自然の摂理のまま桜子を過ごさせていたらとっくの昔に死んでいたのだと思う。そうじゃなくても「再発後は、あっという間です。(に死ぬ)」と、先生からも聞いていたけれど、何度も何度も死にそうな桜子を、このわたしが三途の川からウンショ!ウンショ!と引っ張り戻しているのだろうか? 

今現在、悪性リンパ腫の治療というものを何一つ行っていない桜子。寛解中は、通院や治療は辛かったかも知れないけれど、身体的には本人も楽だったと思う。発熱やリンパ腫の腫れに悩まされることもなかったし。だけど今は、長く生きれば生きるほど、悪性リンパ腫の辛さと共存していかなくてはならないんだよね。

前回の輸血から、今日で、17日目。
もう既に、
ドーベルマンのベイビィ君の血液の威力は、消えてしまっているのだろう。
400ml近くの供血に協力してくれたベイビィ君。
1週間でほぼ輸血の効果はなくなるといわれているけれど、3週間近くも桜子にパワーを与えてくれていたと思うとすごいよね。

うーん。うーん。(この先のことを考えてる)

たまにね、すごいことに、いまだに!「抗がん剤再開しようかなぁ~?」って考えるときがあるんですよ。わたしのそれって、もう虐待レベルですよね?ま、考えてみるだけですけどね。

さあ。ドーベルマン桜子さん。このまま動けなくなるのか?寝たきりか?
何度も復活するから期待しちゃうよね。それもどうかと思うけどね。

少しヤサグレタ文章で、すみません....
いろいろと悩んでしまいますよ。

生きると、生かされるは、違うのかなって。

でもちゃーちゃんには生きてて欲しいと願う、貪欲な馬鹿飼い主なのでした。


f0002218_17314314.jpg

f0002218_17315749.jpg

f0002218_17333217.jpg

[PR]
f0002218_2215526.jpg

7月の3連休。実は、前々からとある計画が持ち上がっていたのです。それは桜子の容態が悪くなるずっと前、春頃から計画していた夏のイベント。最初は「冗談でしょ!?誰が用意すんのよ!?」と思っていたけれど、なにやら皆さん本気でやりたいみたい。若いって素晴らしい!猪突猛進!

いったい何を???それは....

f0002218_20295517.jpg

でも、6月に入ってから桜子の悪性リンパ腫の再燃があり、生死を彷徨うこと数回....この調子なら、我が家を会場として使う、7月の「流しそうめん計画」は中止せざるを得ない!?ていうか、7月のその連休には既に桜子は死んでるかも!?死んでるなら別にやれる!?でもわたしが精神的に無理でしょ?色々、若い子たちも気を遣って心配してくれます。「中止でも仕方ないですよ。桜子ちゃん、辛いと可哀相だし...」って。うむむ(悩)またまた最終決断は、このわたしに委ねられる。もう、これを何回もしてきて精神的にクタクタですよ、ほんと。

うーん、うーん、うーん。よーし!決めた!!!

やる!やろう!絶対に、その日まで桜子は生きてる!元気にしてる!

だって、桜子も恒例のこのメンバーが大好きで、みんなが遊びに来てくれることは本当に楽しみにしている。前回は節分の豆まきだった。鬼役をやった桜子は、みんなに豆をバンバンぶつけられながらも「こんなに、オヤツ、もらっていいの!?最高ー!食べまくりー!」と大喜びをしていたよね。みんなで大爆笑をした節分の思い出。いつも、いつも、こうやって大勢で集まると、桜子は進んで会話の中に割り込んで、意味も分らないくせに「うんうん、だよねぇ~?」と女子会トークに参加している。会話の輪に入る、桜子のプリプリとしたお尻を見ていると「ほっんと楽しそう^^」って感じだった。

桜子は「みんなと一緒に時間を共有して楽しみたい」
絶対にそう思ってる。

ケージに閉じ込めて、絶対安静。何の興奮も刺激もなく「死なせないように注意して生かす」のも、ひとつの手段だと思う。だけど、多少のリスクや疲労が伴っても、桜子には楽しい人生を記憶して死んでいってもらいたい。そんな思いを込めた夏の1日でした。

そんなわけで、予定日の2週間前に「決行します!宣言」をしたわたしは、急ピッチで青竹を手配して、ネットで「流しそうめん」のハウツーを猛勉強。って、そんな大袈裟なものじゃないんですけどね。竹をちこっと加工したり、配水を確認したり、地味なシュミレーションを数回....そして当日は、子供たちが一生懸命、竹の経路を設置してくれた。なんと全長10mものロング流し素麺!!!最初のそうめんが流れた出した時には、全員で大興奮の大爆笑!!!桜子も何故か吠えてました(笑)ほっんと楽しい思い出!

f0002218_21563287.jpg

この若い子たちと桜子の集いは、今から2年前。みんなが中学受験戦争から解放された後に定番化しました。去年、桜子が悪性リンパ腫と診断された夏は、涙を流して「治って、治って」と言ってくれていた。それから、節分、GW、よさこい祭、夏イベント、柿狩り、Xmasと、何回も女子会を開くたびに、「あれ?桜子ちゃんて、なんか元気だしぃ~(笑)死ぬって言うから心配してるのにー!」と突っ込まれながら、楽しい1年間を過ごした。そして、とうとう今年6月にリンパ腫の再発。桜子が2010年7月に、悪性リンパ腫と診断されて、正確には1年と8日目の夏のイベントでした。

f0002218_22222227.jpg

「次のイベントも一緒にやろうよ!女子会には絶対桜子ちゃんがいないとね!」そう言って、元気パワーをたくさん注入してもらったちゃーちゃん。案の定、翌日からは血尿が始まり、体力消耗も激しく、ゼエハアだった桜子。やっと昨日あたりから疲れが取れた感じだったけれど、今朝からは、また弱い鼻血を流し出して、鼻をズクズクと鳴らしている。あぁぁぁ。想定内だから仕方あるまい~

結局のところ、いつか訪れる桜子の死。

どうやって過ごしたって、悪性リンパ腫は完治しない病気なのだから。楽しんだら、疲れる。疲れたら、十分に静養させる。場合によっては投薬、治療をしてケアをする。そうやってこれからも生きていこうと思います。

実際にね、桜子は、わたしなんかよりも、他の人(犬)から、元気をもらっていることが本当に多いんですよ。「今日は何も食べないなぁ...」と心配していたら、たまたまお友達が持ってきてくれた物をガツガツと食べ始めたり、姉家族にチヤホヤされて途端に元気になっちゃったり、他所のワンコに喧嘩を吹っ掛けられたら「あたいに吠えるなんて許さねー!」とヤンキーちゃーちゃんに突然復活しちゃったり(笑)

ドーベルマン桜子さん。
「刺激のない生活なんて、死にながら生きてるようなものよ!」と言ったとか、
言わなかったとか~

とりあえず、そんな感じの週末でした。

ちなみに、血尿は、レベル5くらい。だけど、消化管からの出血が疑われていた真っ黒なタール便。これは5月の末からずーーーっと出ていたのだけど、3日前から普通色の便に戻ってます。すごい。ここに来てタール便が治るとは予想してなかった。そんなちゃーちゃんは、まだまだ死ぬ気はないみたいです。まだもうちょっと、桜子さんの犬生記録にお付き合いくださいませ。


次は、目指せ秋の柿狩り!!!です^^
f0002218_22435532.jpg

↑桜子の顔が「病人顔」から、いつもの美人さんに戻りつつあると思っているのは、わたしだけでしょうか?全身のリンパ腫は少しずつ大きくなって来ていますし、抗がん剤も、血液検査も、病院も行ってないので、どんどん癌は進行しているはずなんですけどね。桜子は今、色んな意味で人生を楽しんでいるのだと思います。だからきっと、お顔にもその楽しさが出ているのかな?いつまでもベッピンさんのちゃーちゃんでね。大好き、桜子。

[PR]
f0002218_1949787.jpg


f0002218_19491730.jpg


f0002218_19492698.jpg





f0002218_2119337.jpg

[PR]
----------------------------------------------
「7/6(水)大出血の日の話(その1)」はこちら。
----------------------------------------------

午前1:17
もう出血開始から7時間近く経過した。桜子は朦朧としている。疲れているのか、眠たいのか、失血で意識が遠のいてきているのか?でも、これで朝までもたなかったら、それが桜子の限界値ってことだと思う。いよいよ、桜子の最期を覚悟する時が来たと思った。みたらし君の時のように、朝が来たら呼吸困難を起こして苦しんで息を引き取るのだろうか?と全身が緊張した。

ここに来るまで、桜子にはもう何回も何回も「今日こそ危ない」って時があった。最初はもの凄い血尿が7日間続いて、一気にヘマトクリットが10近くまで落ちて緊急輸血した時。1年間、休むことなく続けた来た抗がん剤を初めてお休みすることになった。

その次は、やはり鼻血が止まらず、緊急の先生に夜遅くに診てもらい、鼻血は治まったものの「リンパ腫の再燃」その時外注検査して後日「DIC疑い」って言われた時。食事もほとんど食べなくなった。

その後は、腹部が妊婦さんのように一気に膨らんで、立ち上がることが不可能になって口が真っ白になった。輸血をしても元気になるのは一瞬で、日に日に衰弱していき、どの先生も「もう十分頑張ったじゃないですか。もう治療はありません。後はお家でゆっくりと...」と言っていた。

輸血したい!と言っても「それが命取りになります」「助かる見込みのない輸血をしても意味がない」こんな冷たい言い方をされた訳ではないけれど、要約すればそんな感じだった。確かに正しい意見だと思う。だけどどうしても桜子が死ぬような気がしない。そう信じていた。でも、今夜はいい加減、本当にお終いなのだろうか....

続きを読む → → → → →
[PR]
更新をもっともっとしなくちゃ!と、焦っている飼い主@愛ですけれど、桜子の誕生日が過ぎてから一気に体調がドドーンと崩れてしまいました。連日の暑さも重なり、精神的にも肉体的にもガス欠状態です。夜はどうやっても早い時間に寝てしまう。夜の電話にも気付かず、メールのお返事もしていません...す、すみません。もちろん、ちゃーちゃんも一緒にグースカ寝てました。汗

f0002218_2391530.jpg

ここ2ヶ月間、死ぬの!?生きるの!?の繰り返しでした。そして毎回が究極の選択。抗がん剤、するの?止めるの?薬はどーするの!?獣医師から「ここまできたら決めるのは飼い主さんです」の台詞を聞くたびに、脳みそがジワ~ッて熱くなる。自分の決断が桜子の生死を決めてしまう。悩んで考えて、綱渡りのような毎日。夜中に何度も起きては、桜子が呼吸しているか確認する。夢と現実がたまに区別つかなくなって、実際は桜子は嘔吐なんてしていないのに、必死に嘔吐物を探したりもしてました。

桜子自身も、先週の鼻血事件で、血液はもちろん、ものすごい体力を消耗した様子です。徹夜で20時間近く起きたまま。呼吸が苦しくて睡眠できないのです。貧血と寝不足。悪性リンパ腫の再燃による発熱。だるさ。誕生日の喜びも、ケーキを食べた一瞬だけで燃え尽きました...そしてやっと、やーっと今日くらいから普段通りの体力が戻ってきました。わたしは。

桜子は?

桜子は、わたしより先に昨日から絶好調に復活です。どのくらい復活?

ええと.....

豚足をあげたら、こんな顔になるくらい元気にしています。
「取っちゃうよ~」と言う前に、手を差し出しただけでこの顔です(笑)
悪い顔でしょ?
死ぬ死ぬ詐欺でしょ?
生き返ってごめんなさい!?
そんなことないよね。みんな、ちゃんと喜んでくれてるよ、ちゃーちゃん^^

f0002218_232717.jpg

豚足の欠片が鼻の穴に入ってて、間抜け顔です。


ひとまず仕事や家のことも普段通りに戻り、桜子もみんなたちと同じペースで生活をリスタートしています。食事も1日2回。しっかりと腹ペコになってもらってから食事です。もう甘い生活は無しなのだ!!!10歳の桜子さん!覚悟したまえ!

この調子でずっといけますように....心から願います。
桜子の生命力。
本当にすごいと思いました。


では、また!
いつもたくさんのコメント、本当にありがとうございます!!!
[PR]
先週の水曜日、7月6日。この日は、本当は次の抗がん剤治療について話し合いをする予定でした。その日の朝、起きたときから桜子の様子が、ほんの少しだけおかしかった。普段なら見落とすくらいの違いだった。今までのわたしだったら「それはさて置き、とにかく病院、病院」だったのですが、なんとなく嫌な予感がして予定をキャンセル。そのまま安静にさせることにしました。でも病院へ行かなかったことが正解なのか不正解なのか正直迷いもありました。

そのまま午後になり、用事のため外出しなくてはならなくなり、ガレージへクルマを出しに向かうと、庭先で1m以上は確実にある大きな蛇に遭遇した!!!わたしの足元から5、60cmのところでやっと気付いた。ギャ-----------!(でも声は出ていない(笑)蛇はわたしの気配を感じると、首を持ち上げてこっちをジッと見ている。で、逃げない。せっかくなので、少し離れてから写真を撮ってみた(汗)「と、撮れたよ!!蛇さん!!!」すると蛇さんは、裏庭の林の中へゆっくりと消えていった。生まれて初めてこんなに近くでリアル蛇を見た。心臓バクバク。でも....蛇を見ると、幸運なんじゃなかったっけ?じゃぁ、今日、病院へ行かなかったことはきっと正解なんだ!と自分に言い聞かせる。て言うか、東京都N区。環八すぐそこの我が家に大蛇ってアリですか?汗

そして夕方、夕食の支度をしているわたしにまとわりついて来る桜子。あまり動かしたくなかったので強制的に部屋へ戻す。そして、1時間ほどして部屋に戻ると、桜子の布団は鼻血で真っ赤に染まっていました。すぐに病院へ止血剤をもらいに行く。先生いわく、今の状態(プレDIC)で止血剤の効果は出にくいとのこと。でもそれくらいしか頼る術がない。

続きを読む→ → → →
[PR]
ドーベルマン桜子さんのバースデーケーキ♪
桜にちなんでピンク色にしてみました。
白いハートと、桜子が一番大好きなフルーツのイチゴが乗ってて、
とっても可愛いかったです。
中はほとんどがクランベリー風味のムースで出来ています。
お味も甘酸っぱくて最高でした。

f0002218_22271390.jpg

いざ、食べ始める桜子ですが、そのケーキの小ささに
「そ、そんなに、ちょっとなの!?かわいそ!」と突っ込まないで下さいね(笑)
せっかく「高たんぱく質/低炭水化物/低ブドウ糖」生活が続いてますので、
必然的にちょびっとになっちゃうんです。

残りはわたしがたんまり食べてあげました。ふふん♪



「少ないってば....」



昨日あたりから、噛み噛み系のおやつも食べるようになった桜子。具合が悪くなってから、口腔内の出血も怖かったし、何よりも桜子自身が「何かを強く噛んだり咥えたりすること」を止めていた。そんな気力がない、疲れる、ダルイって感じでした。

なのに今日は、官ちゃんが自慢げに持ってきたダンボールの筒を、力づくで奪い取りブンブン振り回していた桜子さん....ポンポンの顔面にはぶつけちゃうし、ったく、何やってんのよ!って久しぶりに怒った!!!ってことに驚いたわたし!!!桜子を叱るなんて、ほんとうに久しぶり!ああぁ、そうそう、こんな感じ。桜子っていつもロクな事しないと言うか、二次被害を呼ぶようなイタズラばかりするんだよね。

f0002218_22431831.jpg


f0002218_22432833.jpg

でも、官ちゃんも楽しそう(笑)やっぱりみんなでワイワイやってる生活っていいよね。桜子にはずっと笑ってて欲しいな。これから先もずっとね。



私信:
勘太-モモのママさんへ

いつもいつも心から桜子の応援をし続けてくれてありがとうございます。
いろんな思いが桜子とリンクしてしまいますね。
わたしからも義妹さんの回復を心より応援させて頂きます。
人の思いや祈りって、時として、計り知れない程の大きなパワーを生み出すと思います。
今回わたしは、そのパワーを目の当たりにして来ました。
どうか義妹さんが回復しますように....!!!!
桜子もまだまだ頑張りますよ!
一緒に願い続けていきましょう。
[PR]
暑い.....暑すぎます.......

今日、とうとうつぶやいちゃいました。

「早く冬、来ないかなぁ」って。

笑われましたよ。でもわたしは本気。


で、ご連絡です。

わたしの携帯電話が、ただ今、分解中で、使えません。

auのです。ハムタローってアドレスの携帯です。

More → → →
[PR]