午後の予定が詰まっていた為、少し早目に昼食の支度をしていたら、何か嫌な予感がしたので部屋に戻ると、桜子がドアの前で倒れてました。すぐに支えるともの凄く熱い。朝の検温では39.0だったのに、明らかに40度は越えている。

慎重に3人がかりで布団へ戻すと、口をクガァ~!と開いて顔を引きつらせました。「ハアハア」と呼吸したくても出来ないような感じでした。シリンジで水を与えるとなんとか飲みます。100ml飲み終わると、まだ口を開けたままで朦朧としています。瞳は開いてます。呼びかけの反応は薄いです。

そして舌が完全に下がってきました。大臼歯を飛び越え、口の脇へダランと垂れています。一瞬「死んでしまう!」と思いました。可哀相だけど強制的に脇の下や内股、首の周り、背中、太もも付け根、ほぼ全身を保冷剤の直置きで冷やしました。部屋はカーテンを全て閉めてクーラー全開。一刻も早く桜子の体温を下げなくては本当に死んでしまう状態でした。

保冷剤を何回か交換しながら、水を与えます。レスキューレメディと液状の増血剤を一緒に飲ませました。桜子の口の周りの皮膚がまだ引きつっています。しかし冷却から30分過ぎるとやっと口を閉じ、深い鼻呼吸に戻りました。見開いたままの眼球は、乾いて少し皺がよっています。目薬を差します。

そろそろ1時間以上経過したのですが、珍しくまぶたを閉じて眠りだしました。呼吸はしっかりとあるけれど、かなり苦しそうな呼吸です。

今日は13時から父の入院手続きのため外出予定でしたが、急遽、姉夫婦に代行を頼みました。とある動物の言葉を理解する能力!?のある方によると、桜子はわたしの眠っているときに逝くらしいのです。死ぬ瞬間を見て悲しむわたしをとても心配しているとのこと....わたしはその手のものは昔から信じない人間なのですが、もし本当にわたしが眠ってたり、外出しているときに桜子が死んでしまったら....わたしはその方がきっと辛い。と書いてみたけれど、ううん。どっちにしたって悲しいし耐えられない。

平気、平気、覚悟したと言ってはいるけれど、やっぱり辛い。桜子が死ぬのは....なんとしても助けたい。呼吸し続けられるように....またこんな事を書けば「犬が可哀相で見てられない!あなたのやってることは自己満足!犬を苦しませて延命してる!」とか言われるのだろう。

でも桜子は、多分きっと台所へ行ったわたしを追いかけるために、わたしの近くへ行くために、4日ぶりに自分の力で立ち上がり、ドアの前まで死ぬ気で来たのだと思う。

そんな桜子に「早く楽になって」なんて言えない。「あとはゆっくりお家で逝かせてあげて」なんて赤の他人に言われたくない。なぜって、桜子自身がわたしと一緒にいることをこんなにも強く望んでいるから。早く楽になりたいなら、勝手に自分で死んでるって。こんなにも頑張ることなんかしない。

体温計を差すまでもなく、熱が下がったのが桜子を撫ぜただけで分ります。急速冷却、ひとまず終了。11:40分から1時間40分のレスキューでした。

今、桜子は首をたまに持ち上げて、保冷剤を包んでいたペーパーナプキンをふざけて食べようとしています。なんて能天気な.....そして、フカフカタオルで包んだアイスノンに顔を埋めて寝ています。まぶたを閉じて眠るのは、ここ数日間、滅多になかった。よほど身体が冷えて気持ちが良いのか?わたしが真横で寝転んでいるのが嬉しいのか!?カタカタと鳴るキーボードの音を聞いて、桜子は安心した顔をしています。し、しかし、うつ伏せ寝でノートPC打つのって、首が痛い......

今日、わたしが午後から出掛けることを、なんとなく桜子は察知していたのかな?キッチンへ行った
だけなのに、外出したと勘違いしたのかも。桜子さんの無茶っぷりは命がけです。わたしがいつも部屋にいるわけじゃないのに、何で今日に限って無茶な後追いなんてしたのかな?それだけ今日の体調は良くないってことなのだろう。

桜子さん。今現在、見た目は、とっても気持ち良さそうに熟睡しています。桜子の寝顔って久しぶり。いつも目を開けて寝ていたからね。それにしても、本当に
よかった。あのままキッチンで調理し、食事までしていたら間に合わなかったと思う。「あいちゃん!助けて!」ってテレパシー、ちゃんと飛んできたよ、ちゃーちゃん^^
あれ?そーいうの信じない人なんじゃないの?って話だよね。

ひとまず、安心です。


写真は、この事件の起きるお昼前に撮影したものです。昨日、今日とほとんど食べなくなった桜子さん。なんとなくアバラ骨が目立ってきました。美味しいお肉、早く届け!それにしても、舌の下がった桜子を初めて見た。本当に死ぬかと思った瞬間でした。怖かった.....!!!
f0002218_13332857.jpg

[PR]
桜子が全く動かなくなって4日目。官ちゃんとポンポンはどう思っているのだろう?

昨日は、桜子が食べ切れなかった豚足をなんとか盗み出そうとしていた官ポンチーム。
スヤスヤと眠る桜子の枕元に、その豚足はありました。
そーっとそーっと2頭で近づく。が、ビビりの官ちゃんは、すぐに諦める。
わたしに「ねー!あれ取って!取って!」と訴える他力本願な作戦へ変更です(笑)

最近「ハムスター」というあだ名!?で呼ばれているチワワのポンポン。彼女は諦めません!女は強し!自分の半分はあるかと思われるBIG豚足を狙って....あと10cm!あと3cm!!!って、ところで突然桜子が「ガルルルルルル!」と唸って目を開けた。
でも桜子は動くことはできないので、そのまま持ち去ることも可能なのです。

さあ、ハムスターちゃんはどうするのか!?

正解は、桜子のわき腹に寝転んでヘソ天(お腹を出して服従)でしたぁ~
「あーん、欲しかったんだもーん♪」と甘えて誤魔化しています(笑)

やっぱりリーダーは最後まで桜子だね。
普段、2頭に好き放題させていた桜子ですが、ここぞ!ってところでは
ちゃんと威厳を保ちます。

と、そんなわけで
桜子の周りにみんながいい感じに集まっていたので記念撮影!!!
意外にもすんなりと撮れました。
いつも中と小が静止しないから、3頭ショットって貴重なんだよね。

桜子は、生後40日のシェルティ官九郎、
生後60日のチワワのポンポンを迎え入れて来た大先輩!
長女はいつも我慢を強いられて可哀相だったかな。
でもね、官ちゃんとポンポンはちゃんと分ってるよ。
君がとても強く、賢く、頼りになるお姉ちゃんだってことをね。

残りの時間、凸凹ダンゴ三兄弟で楽しく過ごそう。
たくさんの思い出を、その瞬間を迎えるときまで作っていこうね!

f0002218_8415520.jpg

[PR]
f0002218_730419.jpg

先月30日(土)の夕方から突然、後ろ足の片方が浮腫みだしました。
抗がん剤治療の最終段階(4月から5月末)にも、これと同じような症状が2ヶ月ほど続いていたのですが、6月、7月とここ2ヶ月は出ていなかったのに再発です....貧血から来る低タンパクで浮腫んでいるのか?腎機能や寝たきりが原因なのか今となっては検査云々ではないのでよく分りません。とりあえず、レッグピローにアイスノンを入れて、浮腫んだ足を高くしてみました。そうすると気持ち浮腫みが軽くなったような?桜子も気持ちよさげに足を乗せて寝ています。なんだかセレブな雰囲気なのです。

f0002218_732095.jpg

ちなみに、抱きかかえているのはアイスノン。桜子さん、フル装備です。
[PR]
f0002218_78441.jpg

f0002218_78442.jpg

携帯で撮った写真です。首を持ちあげている写真は『お友達に写メするよ!はい!ポーズ!』の掛け声に反応して、ええ格好シィちゃーちゃんが頑張った瞬間。

もう一枚は、お友達ドーベルマンから頂いたフォトフレーム。桜子がいちばん女盛り!?だった三、四才の頃の写真を入れてあります。若いねぇ〜ちゃーちゃん〜

今朝の桜子は酵素入りお水150ml、くまの餅さんのプリンを一個食べました。
買い置きの馬肉は食べなくなってきているので、急遽、以前に物凄い食いつきを見せた、馬タン刺身を昨日注文しました。早く届いて〜

今、窓全開で朝日を浴びてる桜子。『デッキに出てトイレしたい…』と訴えてます。でも仕方なく寝たままコマンドチッコしました。昨日からそんな状態です。たくさん褒めてありがとうを言うと『え〜…ほ、ほんとに?』と、やや半信半疑(苦笑)早く慣れてくださいね。でもウンチはまだしません。昨日は初めてウンチゼロです。我慢してるでしょ?ドーベルマン桜子さん。まだまだプライドたっぷりの様子。体調見て、なんとか一回くらいはデッキに出させてみようかな。今日も無事に一日が過ぎますように。
[PR]
とうとうドーベルマン桜子と一緒に、2011年の8月を迎えることができました。
あんなにも夢見ていた7月10日、10歳の誕生日から22日も経過しています。

この土日、桜子もわたしも睡眠は十分に取れました。
相変わらず桜子は深夜が不安な様子ですが...

みんなが寝静まった中、わたしと桜子は手をつないで2度も大きな地震と遭遇。
「えぇぇぇ!?ちゃ、ちゃーちゃん!歩いて逃げられないよね!?」
なんて二人で冷や冷やしてました。

今現在の桜子は、もう完全に立ち上がることはできません。
桜子の体内には、もうほとんど赤血球がない状態のため、
重度の貧血とめまい、発熱、足のむくみで、
起き上がる力が出なくなってしまいました。
1日に数回、首を持ち上げるのが精一杯です。

それでも、なんとか、なんとか食べています。
再発以来、徹底的に守っていた「高たんぱく質低炭水化物低ブドウ糖」も土曜日から中止。
誕生日ぶりに食べた甘~いプリンに興奮していました^^

鼻血も毎日出ています。どんどん血液が失われています。
なのに桜子はわたしの側から離れず、
それどころか、今までにないくらい必死にわたしを求めるようになっています。

先日「桜子が夜、眠ってくれない」と書きましたが、その原因がわかりました。それは、わたしがベッドに入ると、ベッドの横で寝ている桜子から、わたしが見えなくなるからでした。ベッドに顔を乗せられるうちは良かったのですが、今はもうその体力もありません。だから桜子の背中側に位置するベッドにわたしが入ると、桜子は一人ぼっちになったような感覚になっていたのです。試しに、桜子の正面で寝てみたら、薄目を開けながらもすぐにスヤスヤと眠ります。なーんだ!そうか!って感じです。そんなわけで、無事、昼夜逆転生活から脱出できたわたし達なのでした。

写真もいろいろとあるのですが、またそれは別の記事で。

今夜はもう寝ます。
おやすみなさい。

愛/桜子とみんなたち
[PR]
f0002218_64062.jpg

わたしが眠ると桜子は寝ない。わたしが起きてると桜子はなんとか眠ります。正確には寝てないけれど…

今、突然起き上がってデッキでオシッコを自力でしました。夜中にも二回。結局オムツを履いたのは一日だけ…
それと、明らかに多飲多尿です。腎機能が心配です。

わたしはここ数日、ほとんど睡眠をとっていないわけで、どうしたらいいのかな。桜子を無視してでも睡眠を取らなければ共倒れしてしまう。

桜子、かなりしんどそう。呼吸が荒い。なんで目を閉じないの?ていうかよく起きていられるね。よっぽどわたしを見てたいわけ?見すぎだよ。わたしに穴あくよ。

ちょっと無視して寝るしかない。桜子の昼夜逆転を戻さないと駄目だ。

たくさんのコメント本当にありがとうございます。けど、ここ二、三日は認承作業がやっとで後から読み直しすることが出来ないでいます。いつもコメントは眠る時に布団に入って目を通すのが習慣でした。きちんとお返事もしていないのに申し訳ない気持ちです。

心から感謝しています。
ありがとうございます。
[PR]
母と再会して一安心の桜子です。
母の話を真っ直ぐな瞳で一生懸命に聞いていました。
この1週間、毎日いるはずの母と姉を探していた桜子。
心配事がひとつ減って、生きる意味をまた知ったと思います。

ちなみに姉は桜子に会いには来ませんでした。
どうして?と電話をしたら
「桜子は死なないし、明日会うからもう寝る。」と一言。
血は争えない(笑)

こんな家族の元へ来た桜子。
それが桜子の運命なのでは?

『ありがとう』という言葉が一番大好きなちゃーちゃん。
その事に気付けて本当によかった!

明日は姉から『待っててくれてありがとう』
わたしからも『側にいてくれてありがとう』
応援してくれてる皆からも『頑張ってくれてありがとう』


『今までありがとう』
その言葉は、桜子の心臓が止まるその時まで言いません。
桜子はわたしのために必死に生きてくれていると信じているから。
最期の最期まで、わたしは桜子を求め続けていくのです。

なんて書いてますが、桜子自身、死ぬなんて思ってないのかも?
焼き鳥を好きなだけ食べ、意地でも外でオシッコして、
もっとナゼナゼしろ!ってわたしの手を鼻先で持ち上げて要求
してくるくらいだしね。
勝手にドラマチックにしてゴメンね~ちゃーちゃん~(笑)

では、少し寝ます。
あ、桜子はまたまたオシッコみたいです。
雨なのに強情だなぁ。

おやすみなさい。
[PR]
桜子「オシッコするから窓開けて」

はぁ......そうですか。

ですね。

やっぱり外でしたいものはしたいのです。
お家はきれいにしていたいから。

食べるとパワーが出ますね!
食べる意欲ってすごいことだと思う。
食いしん坊のちゃーちゃんでよかった。
ちなみに
明日は、美味しいプリンを食べる予定(笑)

久しぶりのスイーツです。
誕生日以来かな!?
楽しみだね^^



[PR]
わたしが部屋の片づけをしていると、
上半身を起こして、そわそわとした仕草をするようになりました。
追加で少しのお肉とジャーキーも食べて、
ウンチもトイレシーツでできました。
もう室内でのトイレ作業を割り切って受け入れたみたいです。
(本音は外でしたいみたいですが)

綺麗なお布団はとても気持ちが良いみたいで、ご機嫌のポーズも
さっきからやっています。
「でたー!ご機嫌ポーズ!」と周りが笑うと、桜子も喜びます。

一分一秒に桜子の意志がきちんとあるとわたしは思っています。
十分に生きようとしています。
わたしが桜子を殺すのなんてほんとに簡単なのです。
「死んでよし」と言えばいいだけです。
「頑張らないでいい」と言えば、桜子は途端に生きることを
諦めると思うのです。

それが飼い主としての優しさと思う人もいるし、
1日でも長く家族と時間を重ねられるようにするのが
いいと考えるひともいると思います。

輸血についてはこのまま寝たきりの状態なら行いません。
自分で立ち、食べて、排泄を行い、喜び、笑う生活を送ることが
目標だからです。
それが見込めないなら輸血する意味がないからです。

悪性リンパ腫への輸血は無駄な延命と思う人もいるでしょう。
でもわたしは、例えどんな病でも生きようとしてる子に行うなら
無駄なんてことはないと思ってます。

「可哀相!早く楽にしてあげて!生かせるのなんて飼い主のエゴよ!」
貴方に桜子とわたしの何が解るというのでしょうか?
名乗りもせずに、勝手に桜子を「可哀相な犬あつかい」しないで下さい。
ましてや同じ悪性リンパ腫で愛犬を亡くされているなら、
犬がどうやっても生きようとしていることを十分に知っているはずです。

わたしの輸血に対する最終目標は、担当医とわたしに近い知人/身内なら知っていますが
「抗がん剤再開」です。
自らの力で立ち上がり、治療と向き合える希望を、
馬鹿だといわれても捨てられないのです。
それを信じて、多くの方たちからたくさんのパワーをもらってきたのです。

だから寝たきりのままなら、もう何もしません。
それは皆さんも十分に知っています。
知らないのは貴方だけです。

「抗がん剤も早くやめてあげて!」
そんなメールやコメントも過去にいくつかありました。
全て名無しですが。

わたしはわたしの意志で桜子の治療と向き合ってきました。
抗がん剤のお陰でここまで生きてこれたと思ってます。
そしてまた、止め時も自分で何千回も考えました。
再開だって考えていました。
常に諦めずにここまで来たことに後悔はありません。

今になって、こんな記事を書きたくなかったです。
でも、わたしが桜子の死を受け入れることは、
今まで桜子へ血液をくれた供血犬への裏切りでもあると思うからです。
生きなくては意味がないんです。
そしてわたしも生きることを信じて希望しているのです。
何一つ「無駄」や「可哀相」なんてことはないと伝えたかったので書きました。

「楽にしてあげる」
わたしはそれは優しさだとは思いません。
でも、わたしがそう思っているだけです。
他の人はわかりませんし、押し付けようとも思いません。


最後に。
桜子のことを心配しての助言だと信じています。
でも心配は無用です。
可哀相だと思わなくていいです。
本当にありがとう御座いました。
貴方の愛犬もきっと幸せだったとわたしは思います。
[PR]
17:00くらいから突然、顔を持ち上げるようになり、
わたしに「なんか食べる!」とメッセージを送ってくるようになりました。
超特急で、地元の精肉店へ行き、たんまりとカルビ肉、フィレ肉、焼き鳥を購入!!!

今、与えてみたら.....焼き鳥をなんと4本も一気に食べました。
お肉は、80gかな。
やはり味の濃い焼き鳥の方がいいみたい。

桜子は今、確実に上がってきています。
今夜、出張へ行っていたわたしの母と姉が帰宅します。
わたしの母と姉には、たんまりと甘やかしてもらってる桜子です。
当然、二人のことは超大好き!
数日振りの再会です。
会えばまた生きる気力が沸いてくるに違いありません。
早く帰って来い!!!!!

写真は、焼き鳥のあとに、昨日病院で買った「馬の肺のジャーキー」をあげているところです。固い食べ物は、口内出血をさせたくないので出来るだけ控えているのですが、結局3枚もバリボリと食べてしまいましたぁ。ま、いいか。がんばろう、桜子。とことん生きるのだ!

f0002218_18333746.jpg

[PR]