<   2011年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2011年3月17日に書いた記事をupしていませんでした。
遅れましたが、公開しておきます。↓↓↓
------------------------------------------------------------------------------------


わたしごとになりますが、重度の花粉症のため、角膜炎になってしまいました。
片目は今、使えません...真っ赤っか!!!なので眼帯生活です。
ここ数年では一番ひどい症状がでています。まったく春が楽しめません...
どうして花粉症なんてものがあるのか。そんなものに完敗している自分が情けないです。

節電と角膜炎。
しばらくPCは開かない生活です。
それと、友人の美容師と今回の震災で被害にあわれた方たちに少しでも力になれたらと話し合いまして、埼玉に避難なさっている方たちに洗髪を無料提供しようと決めましてその手伝いで行くことになりました。家のことやドウブツの世話もあるので、今月いっぱいはバタバタと忙しくなりそうです。4月に入ったら、またブログを再開しますのでしばらくお休みしますね。


そして。
今回の地震で、いろいろと心配してくださった皆さん、
コメントやメール本当にありがとうございます!!!
我が家のみんなたちは、ヒトもドウブツも全員大丈夫です!
お返事をしてないままですが、どうぞお許し下さい。ごめんなさい。

3.11の当日は、そりゃもうビックリ!してしまいました。
特に猫は脅えて大変でしたけど、
翌日からは余震にも多少驚く程度で、精神的な後遺症は何もなさそうです。
桜子さんなんかは、揺れてても起きません。イビキかいて寝ています。
(それよりも花粉症がちょっと辛そうです。)

ただ、官ちゃんはより一層「うるさい男」になっちゃっぃました....
脅えているわけではないのですが、
ちょっとした物音でも「ギャンギャン(どーした!どーした!?)」と
テンション高く吠えまくるので、聞いてるこっちは頭痛がします。

ミニマムの発作は、とても心配していたのですが一度も起こることなく現在に至ります。
本当は血液検査にも行きたいのですが、あと数日は様子をみてから相川医療センターに出掛けようと思います。

今日の都心は物凄い渋滞です。ガソリンを買い求める人たちが、車線を埋めて行列を作っています。物不足も出てきますし、通常の生活に戻るまではあと少しかかりそうですね。
スーパーやコンビニは確かに品薄状態ではありますが、深刻に生活に困る程ではありません。
これで困ったなんて言っていたら罰が当たります。

ひとまず、余震の心配はありますが、通常の生活を送ることになります。
節電は引き続きですけどね。
被災地のパイプラインの復旧。避難所生活での心身的なケア。ペットの問題。女性特有の問題など、まだまだ手の届いてない部分がきっとたくさんあると思う。
1日も早く、立ち上がれニッポン!
みんなで力を合わせていきましょう!
[PR]
2011年3月11日(金)14時46分頃に発生した、
東北地方太平洋沖地震の被害にあわれた皆様に対し、心よりお見舞いを申し上げます。
被災地の方々の救済や、被災地の復興に少しでもお役に立てればと、
自分なりに出来ることを今後もしていきたいと強く心に留めている次第です。
節電、節水。コンビニ設置の募金箱や登録サイトの支援募金参加など、とても小さな事ですがいくつか参加しています。

都内のわたしのいる地域では、それ程大きな被害を見ることはありませんが、瓦屋根が崩れ落ちてしまったお宅があったり、ショッピングモールでは瓶類やお皿が全て割れて、それによって怪我をした店員さんなどいると聞きました...また補修工事のためお休みにしている商店、マンションの外壁工事、看板などを修理している光景が目に入ってきます。

なんとなくみんなが、脅えながら生活している雰囲気です。いつも子供で溢れている公園もシーンとしています。毎日庭先に遊びに来ていた様々な野鳥たちも、どこへ行ってしまった?のかパタリと姿を見せません。

地震発生後、暖房とドライヤーをナシにしているわたしですが「寒い、寒い」と言いつつ、暖かい布団に包まって洋服を何枚も着て眠りにつけるのです。被災地の方たちは、寒いどころの話じゃないのに....目の当たりにした死。恐怖。悲しみ。苦しみ。東京と比べものにならないくらいの現実と向き合っていることでしょう。一日も早い救出、物資、パイプラインの確保。そして、家族と離れ離れになったままの動物たち。怪我を負い身動きとれない命もあることでしょう。その全てに助けの手を差し伸べてあげたい。何か出来ることは?

東京もまだ安心は出来ません。茨城、千葉と震源地はすぐそこまで来ています。昔から地震大国と言われていた日本だけど、内心は「そうは言っても大丈夫でしょっ!」と甘くみている節があると思う。でももうそれは通用しないと都内の人も気付いたはず。被災地の方たちが流した涙。そしてフェイスレス50の命。絶対に絶対に忘れてはいけない。

世界的には、極東の小さい小さい島国の日本。でもそこで暮らす人たちは、とても賢く義理堅く、心がとっても暖かい。拳銃も、核兵器も、そんなものは要らないって知ってる。「心」が大きな何かを動かすことを知っているから。これからも日本は頑張れると信じています。一日も早く復旧できますように。

f0002218_13393491.jpg

[PR]

朝からガレージや室内の片付け、買い出しでなど走り回ってます。水、食料はもちろんですが、停電に備えて乾電池もたくさん用意しました。わたしの地元では今現在既に、大型店でも単1は売り切れ、充電器関連は品薄状態らしいです。

追加で用意したものは、電池式ランタン、ラジオ、懐中電灯などを複数個、携帯関連の物、炭、トイレットペーパー、カップ麺、ガソリン給油、犬猫用フード…あとバリケン全ての組み立て、自分のコンタクトや家族の常備薬、処方薬など。生まれて初めての体験なので何をどうしてよいのか迷いますがとにかく用意しまくりました。でも家から遠く離れるのだけは止めようと思い、最悪クルマを捨てても徒歩帰宅可能圏内で行動しています。移動先は家族に必ず伝えて出かけます。

ミニマムと桜子の薬は、今朝1ヶ月分余計にもらって来ました。病院には昨日の地震でパニックになりケガをした子、焦った飼い主さんが抱き上げる際に転落させて骨折した子も来たそうです。手術を受けてる子もいました。飼い主が焦れば、ペットは余計に不安がります。いざと言うときの為に、ペットと一緒に安全に避難するシミュレーションをして下さい。

我が家は昨日なかなか大変でした。家具も倒れましたし、何より寝たきりの家族もいます。職員さんもいます。帰宅難民も出ました。そして動物が外の野良を含めて10数頭です。動物は全頭を開けた場所に移動させたエルグラに避難させましたが、2時間近くそこへ置いておくだけでもカンちゃんやクロサン、海くんはパニックになり大騒ぎだと分かりました。ミニマムは実質寝た切りだし、投薬の時間もどんなことがあっても守りたいです。野良猫たちだって全員生存確認が済むまで眠れませんでした。夜が明けてやっと残りの一頭が怯えながら帰ってきました。犬猫もしっかりと震災の恐ろしさを感じています。

まだ東北方面のご家族と連絡が取れない方もたくさんいると思われます。早く生存確認が取れますように。わたしも信じています。

一人暮らしのかたは心細い時間を過ごしているかも知れません。できるだけ一人では行動せず、ご家族、友人知人に自分の居場所、移動先をこまめに連絡して下さい。助け合う、そして頼る、躊躇はしないで一人じゃないんだって思って。携帯の充電を確保できるように準備して下さい。

小型犬や猫はキャリーに入れるだけでも時間を使うかも知れません。洗濯ネットをポケットへ入れておいて、いざという時はそれにガッ!と入れて抱えて走りますわたしは。名札やカラーにも連絡先を記入しました。

とにかく焦らず落ち着いて行動できますように。家族と動物はわたしが絶対守ります。


f0002218_21123444.jpg

[PR]
f0002218_22371412.jpg

[PR]
f0002218_441138.jpg

はあ…
睡眠大好物なわたしがなぜか今現在4時間近く眠れません。
なので、真っ暗のなか布団に包まって更新してみます。
そして、真っ暗の中、初めて写真を撮ってみました。
夜景モードで。
隣に空ちゃんがいました(笑)

わたしってば、眠れない何かがあるの!?
悩み!?欲求不満!?明日は遠足!?オヤツは買った!?
そんな理由があるなら諦めもつくのですが、わけもなく眠れないだけなので困ってます。
ほんと、このわたしが眠れないなんて珍しい...
目が冴えて緊張モードなんだよね。
もう4時…これじゃ明日がしんどいよ。
やだなぁ、寝不足って。
明日も忙しいのに。

今日は(昨日は)桜子をシャンプーしました。シャンプーしながら毎回リンパの腫れを丁寧にチェックします。今日も大丈夫。これからもきっと大丈夫。桜子ってすごい女だから。
ミニマムもてんかん発作は来てない。

なのに眠れない〜
どうしたらいいのかなぁ。
あと2時間しかない。涙
[PR]
ε-(´∀`*)ホッ


ミニマムの癲癇(てんかん)発作は、8~9割がた、夜の8時台か、朝の8時台に来ています。

何故なのかはいまだに分からないけれど、1年間記録ノートをつけたお蔭で、それに気付きました。
朝晩と緊張の1時間です。
でも緊張をあからさまにすると、その雰囲気がミニマムや他の子に伝わってしまうので、特別静かにしたりはせずに、普段通り過ごすよう心がけています。でも出来るだけその時間帯は外出をしないようにはしているかな。一匹で発作を乗り越えるのってほんと辛くて不安だと思うから。

今現在のミニマムはこんな感じ。電気毛布越しの暖かさを満喫しています。さっきの細かい痙攣が起きていたときは、全身の筋肉がやや硬くなっていましたが、今は伸び~!が出来るほど柔らかくなっています。やっぱり寒かったのかな???ケージ内のヒーターを1つしかつけなかったのは今年初めてのことだったし、日中も窓を開けて風を入れてたりしたから、1日中ブルブルしていたのかも知れないね。

この時期、気温の変化が大きいので、もうちょっと気をつけようと思いました。
でも、大発作来なくてほんと良かった^^きっと今日はもう大丈夫だよ。
f0002218_21251890.jpg

f0002218_21252497.jpg

f0002218_212530100.jpg

[PR]
ミニマムの様子は、無線モニターで常時撮影しているので、家の中では何かあった場合はすぐにケージに駆けつけられます。今日は、午後2時くらいからお昼寝を始めたミニマム。いつも通りのサイクルです。

夕方6時半ころ目が覚めたみたいで、ケージの中から「僕、起きたよ=!出して=!」と鳴き始めました。すぐに部屋へ戻り缶詰(チキン/レバー)を水で少しゆるく溶いたものを食べさせました。これもいつも通りの流れです。全てきれいに食べ終えたので、コットンでミニマムの顔を拭いていたら、今まで見たことのない足の痙攣に気付きました。寒さに震えているようなとても細かい痙攣です。
(2011年03月09日(水)18:35~約3分間ほど)

それが出ているのは両足の先だけで、他はどこも震えていません。全身性のピクピクはいつも通り弱めに出ています。わたしの呼びかけに反応もするし、意識もしっかりしています。「僕、お腹いっぱい」と言った満足顔で特に苦しそうな様子もありません。





いつも大発作が起きる時は、その数時間前から目つきが鋭くなり、辛そうな表情を見せます。とりあえず細かい発作は「寒いの?もしや小発作?」と思い、すぐに部屋を暖め、タオルの下に敷いている電気毛布をつけました。すると、スヤスヤとミニマムは眠りだしました。足の痙攣も治まりました。時間にして3分間ほどの震えでした。急に水分をたくさん取ったから体温が下がった???どうして???(水は朝に汲み置きした常温のものでした。缶詰も常温)

今日はお天気も良かったので、ミニマムのケージ内のヒーターは2つあるうち、1個だけをONにしていました。部屋のエアコンはつけていませんでした、部屋の気温は18℃です。特に寒いというわけではなかったけれど、暖かいという感じでもなかったかな。寒かったのかな?それとも発作かな?今まで見たことがない細かい震えなのでちょっと心配です。動画は画質の関係で細かい振動がきちんと撮影できてないかも知れません。今夜は発作が起きる確立がとても高い8時台に何か起きるかも知れないので注意してみます。
[PR]
門脈シャントから肝性脳症を起こし、以後、癲癇(てんかん)発作を起こすようになった日本猫ミニマムですが、今現在は抗てんかん薬のひとつ「フェノバルビタール(以後フェノバール)」というものを毎日飲んでいます。

f0002218_11431892.jpg

参考までにヒト用「お薬110番」より抜粋
◆概説 : てんかんのけいれん発作を予防するお薬です。また、寝つきをよくしたり、不安や緊張感をやわらげる作用もあります。
◆成分(一般名) : フェノバルビタール
◆製品例 : フェノバール原末、フェノバール散10% ・・その他(ジェネリック) & 薬価
◆区分 : 催眠鎮静剤,抗不安剤/バルピツール酸系/催眠鎮静・抗てんかん剤
◆作用 : 脳全体の神経をしずめる作用があります。鎮静・催眠作用のほか抗けいれん作用もあります。
睡眠薬としては一般的ではありません。強い抗けいれん作用から、てんかんの治療に用いることがあります。
◆特徴 : バルピツール酸系の長時間型の催眠鎮静薬です。
この系統は、続けているうちに効き目が落ちたり、急に中止すると反発的な症状が強くでることがあります。服用量の安全域も広くありません。このような欠点から、不眠症に処方されることは少ないです。


f0002218_11435529.jpg

抗てんかん薬は、必要時に飲む頓服薬と違い、毎日欠かさず一定量を飲み続けるお薬です。長期の投与が必要になります。(まれに症状が治まり飲む必要がなくなる場合もある)飲む時間も、朝晩決まった時間に取ります。(12時間置き)また、不定期に飲んだり、いきなり断薬をすると、発作を悪化させる場合もあるそうです。飲み始めも少量からスタートし、こまめに血液検査で血中濃度をモニタリングしながら最適な状態を維持していくお薬です。

f0002218_1145654.jpg

これがミニマムが相川医療センターで出してもらっているフェノバール。白い錠剤で「フェノバール30mg」というものです。イヌネコに対するフェノバールの投与量は、論文や成書によっては、若干記載が違うみたいです。(動物病院によっては投与量が違うかも知れません)

f0002218_23224896.jpg

ミニマムの今現在の投与量は、1/8を1日2回。(1/4)1dayです。
投与例として「2.2~4.4mg/kgを一日分として2~3回に分ける」というのがあるのですが、
ミニマムが体重3kgに対して、2.2mg×3=6.6mg(1日) 30mg÷6.6=4.54 コレが一日分なので2回投薬なら、1回あたりの量が1/8錠くらいということになります。
フェノバール開始当時は、まだ1.8kgしかなかったミニマムですが、その時は、シロップに溶かしたフェノバールをボトルで1ヶ月分出してもらって、シリンジで計量して投与していました。
↓これがフェノバール1錠を4分割した写真です。どうしても粉がでてしまう...

f0002218_11461042.jpg

フェノバールは1錠が5~6mmなので、それを8等分するのは至難の技です...相川医療センターの優しい看護師さんは「もし上手く出来なかった言って下さいね^^病院で割りますよ」と言うのですが、今のところなんとかへこたれずに(笑)頑張ってます...でもねー4等分までは上手くいくけど、それを2等分するのがなかなか上手くいかなくて~汗。ちなみに、ピルカッターは何種類か使ってみて一番安定して割れる「プチはんぶんこⅡ」というものにしています。↓そしてこれが1/4錠を半分に割った様子。1つは形があるけど、もう片方は粉砕...でもね!もっと上手に切れる日もあるの。この時は失敗なのだ。

f0002218_11495770.jpg

最近は、1/8錠をストックするのは難しいと気付き、1日分の1/4錠を作り置きしておいて、毎日それを半分にわってダッペンディッシュに朝晩用にわけて、少しの水に溶かしてシリンジで投与しています。病院からも「朝晩で多少の差が出ても1日分の投与量が守られてればOKです」と言われました。ホッ

f0002218_11501787.jpg

癲癇(てんかん)のペットをお世話している方々のサイトを見ると、「1/8錠じゃ効果ない」「少なすぎる」との記載も多いのですが、相川先生はフェノバールを増やすことに積極的ではありません。門脈シャントのせいで肝臓の成長が遅かったミニマムには、少ないくらいから、ゆっくりゆっくり経過をみて、どうしても必要になったら増やしていけばいいとわたしも思ってます。

今月もそろそろ血中濃度を量りに行かなくちゃ。ミニマムは血中濃度がどちらかと言うと上がりにくい子なのです。今月は安定してるといいな。
[PR]
不思議なお話だけど、うちには、猫たちがあえて好んでいるバスタオルが1枚ある。

わたしのベッドは、半分はイヌネコ用みたいな感じで使われちゃっているのだけれど、やっぱり汚れとか抜け毛とか気になるので、イヌネコが寝るスペースだけに大きなバスタオルを敷いて、毎日洗濯交換しているのです。ちなみに、我が家の寝具カバーやタオル類は主に白の無地で揃えてる。動物用はそのお下がりなので、同じく白の無地の物が多い。だけど海外やIKEA/コストコで1枚だけ買った~とか、頂き物の色柄タオルも中には数枚あります。

f0002218_10315116.jpg

そして、登場いたしますのが、こちらのニギヤカなバスタオル。
通称「さかなくんタオル」(命名byわたし)

誰が買ったのか?どこから来たのか?その出所がいまだ分からないままの、なんていうか我が家らしくない派手派手しい一枚。でも作りと生地はしっかりとしていて、サイズも大判でイヌネコ用には最適なバスタオルです。

で!このタオルをね、ベッドに敷くと、
不思議と猫たちが一斉に集まって来るのです!!!

わぁ~と全頭が群がってきてバスタオルの上に寝転ぶ。これに気付くと、小走りして来るくらいなのです。
「わ!あのタオル、キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!」みたいに。
タオル交換は毎日の日課なのに、白いバスタオルのときは、別に全員集まらない。その場に居た子が「洗い立てタオルで、寝転び1ば~ん♪」みたいにちょっと喜ぶくらいなの。走って集まるなんて絶対ないもの。

あ...そこの貴方、信じてないでしょ?
いいわ、今度、このタオルを出したときの様子をムービーで撮影するから待ってて!
フンガフンガ!(`皿´)

さて。ここまで自分で書いてみて、ふと気になったのが猫の視力。正確には「猫の視覚」。明らかにこの派手タオルと白色タオルでの対応の違いを考えると、当然「目で見て識別」しているってことだよね?むむむ?何かあるぞ?ちょっと検索の旅に出てきます...

結果!!色々と調べてみたら実に面白いことがわかりましたよ^^
一昔前までは、「猫は近眼がかなり強く、色も識別できない」って言われていて、わたしも「イヌネコは、モノトーンや青いフィルター越しに見てる感じ」と記憶していました。でもね、どうやら最近はちょっと違うみたい。

イギリス出身の動物行動学について数々の研究が学会で高く評価されている、獣医師であり、ロンドン大学から心理学および行動学の博士号を得ているDr. Michael W. Fox(参考文献:「ネコのこころがわかる本」「フォックス先生の猫マッサージ」)にると、「猫は光の三原色の中で青と緑は判別でき、赤は分かり難いらしい」といわれています。同じように、犬や猫にも色感があるという仮説を裏付ける根拠となりうる研究がいくつも行われてて、そのそれぞれで多少の違いがあるものの、大まかにまとめると「犬と猫は、青色と黄色に最も反応するケースが多く、緑色と赤色の識別は困難である。」といわれている。

猫だけに絞った研究者の文献を見ると、「猫は短~中波長スペクトルを区別するのが可能で、紫、青、緑そして黄色に反応した。しかし、赤、オレンジ、茶色の色は区別できなかった」とある。
[参考文献] Vision in dogs. J Am Vet Med Assoc.1995 Dec 15;207(12):1623-34.
Cat color vision: the effect of stimulus size. Science. 1978 Mar 17;199(4334):1221-2.
Trichromatic vision in the cat. Science.1977 Nov 18;198(4318):753-5.

webには英語、日本語とまだまだ色んな説が出ているけれど、要は、「このバスタオルが答え」なんだ(笑)
青、黄色、緑、オレンジ、濃ピンク、黄緑色......どの文献にも「見える」とされている「色(または近い色)」だけで構成されてる~

f0002218_10323497.jpg

猫が普段見ているモノトーンの世界に、このバスタオルを出すと、「パッ!」と鮮やかな色が目に飛び込んで来る...!ってことなのね。だから我が家の猫たち全員は、このタオルにやたらと反応していたわけだ。そうそう!ちょぅどこの記事を書いている合間に、ブログをリンクさせてもらっているrozeponさんのサイトを覗きに行ったんだけど、タイムリーな話題で驚いちゃった(笑)傷だらけ瀕死の状態からrozeponさんに保護された子猫「いぶきちゃん」が「黄色」にビックリΣ(||゚Д゚)ヒィィィィ!!!してハプニング発生!だったみたい♪いぶきちゃんカワイイ~♪(*´ω`*)


ところで。
わたしのいる東京都N区は、ただ今、雪がしんしんと降り積もってきています。
3月の雪ってたまに物凄い大雪とかになるよね?今からコストコ行こうと思ってたけど無理だよねぇ。
桜子さんは先ほど、食後のお散歩を「( ´Д`)=3 ああぁ、ムリムリ、止めとく!」と冷たく拒否して再びイビキをかいて寝ています(笑)皆様も風邪など引かぬようにしてね。

うちのお庭も真っ白。ガレージ前の雪かき...また大変だぁ。汗
f0002218_1028179.jpg

[PR]
2010年7月に「悪性リンパ腫」と診断されたドーベルマン桜子さん。
診断がおりたその日から抗がん剤治療を開始して、今のところ、大きな骨髄抑制もなく治療を継続しています。それでもやはり、健康な子よりは肝臓の数値も悪く、血小板減少も起きています。血小板には、血管の外に出た血液を凝固させる働き(止血作用があります)があるのですが、このような状態なので止血しにくいという副作用があります。

桜子さんの爪切りはいつも「血が出てきたら(切るの)止める」というスパルタな方式でやってきたわたしですが、最近それをすると部屋中が血だらけになってしまい、ちょっと困ります。でも爪が伸びて、フローリングで足を滑らせ関節を痛めるのも嫌なので、上手い具合にギリギリのラインを狙うのですが....今日は特に失敗してしまうことに。

もう爪の先からドックドクと流れ出る鮮血。汗
ユートクバンで先端を止めても駄目、止血用のお粉なんてもっと駄目。どうにもこうにも止まらなくて、当の桜子さんも「ちょっとどうすんのよ?」って顔。

結局、1時間くらいポタポタと出血したところで、なんとか先端をテーピングして止血しました。
そんなわけで靴下履いてます。顔が怒ってるでしょ?ごめんね、ちゃーちゃん(笑)あとでレバー缶あげるからね。

f0002218_23161194.jpg

それにしても、相変わらず闘病中とは特に思えないボテッとした体格しているね。そうそう!7ヶ月間も増え続けていた体重は、やっと止まりました。ドライフードの量を減らし、生肉も今までの半分に減らしたお蔭かな。それと柿の季節じゃなくなったからね(笑)
f0002218_2322496.jpg

桜子さんは、病院へ行くと診察台に自分でジャンプして飛び乗ります。わたしが「Up!」とコマンドを出すと「あいよっ!」と飛び乗ってステイのポーズ。先生や看護師さんたちに「桜子さんスゴーイ!」って褒められる♪というのは実は....去年までの話で、ここ2、3ヶ月はそれが出来なくなりました。「あぁ...桜子、具合悪いから....」と悲観的になることはないんですよ。単にデブになって飛べなくなったんですけどね。ほほ。

でも、長期ステロイド投与による筋肉代謝が起きているとも考えられる。ステロイド薬は主に黄紋筋の代謝に働き、肝臓で糖を合成するための材料として筋肉組織のタンパク質を分解し、アミノ酸に変えて血液中に放出します。その結果、筋力が低下することがあるのです。

デブだから飛べないの?
副作用で飛べないの?

デブだからだよ、桜子(笑)
35kgなんて人生最大値だもの。とほほ。
それよりも今日ね、かなりショッキングな昔の写真を見つけましたよ。
いい?
桜子さん?
覚悟して見てね。
ほらっ!

f0002218_23203626.jpg

撮影日時2007/10/19 8:00:13

今から約3年半前の姿です!ヒェー
コートは艶々、バストボーン、ウエスト細!
サンダースネークゥ~
はぁ....若いって素晴らしいね....老いを感じるよ、君もわたしも(笑)


気を取り直して。
こちらは、本日ポカポカの陽気のなか、ご機嫌さんな2頭。
あ、ポポちゃん、半目になってるよ(笑)官ちゃんは一昨日トリミング行ったからツヤピカくん^^

f0002218_23312013.jpg

改めてにっこり~

f0002218_23313468.jpg

でもね、今夜はお天気が崩れるらしいよ。
わたしは、みんなたちともんじゃ食べに行ってきます。
では、また明日~
[PR]