<   2011年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

このワイルドな茶トラ猫は、誰~だ!?
FIPで死んでしまった「みたらしくん」?
突然デカくなった「ミニマムくん」?? 
違います~
f0002218_14483167.jpg

2009年、我が家で保護して、そして
里親さんの元へと旅立った「音楽トラさん(当時の仮名)」なのでしたぁ~♪

f0002218_15332213.jpg

飼い主さんのチャコさんが、最近のお写真を送ってくださいましたよ。
ありがとうございます!!!
現在トラさんは、房総にてワイルドでたくましく、そして何よりも愛情をたっぷりとかけてもらい、
とても幸せな毎日を送っています^^
「トラさん」♪飼い主さんご夫婦に出会えて本当に良かったね。
仲良しだった兄弟猫の「クロさん」は、うちでめっちゃ元気に生活しているよ。
覚えているかな?

f0002218_1561491.jpg

そんなわけで、現在は非公開にしている過去記事を「懐かし記念」で一部だけ公開します。
「音楽トラさん」たちの里親さん探しをしていた当時の記事です。
ちなみに、このトラさんを新しい飼い主さんへと届けた夜に、
わたしはうちの庭先で「ミニマム」と出会うのです。
まだ元気だった「みたらしくん」も記事にたくさん出てきます。

歴代の【赤茶トラ猫】たち。
みんなどの子も、大切な大切な、そして大好きな茶トラ猫たちです。





http://ohl2006.exblog.jp/11485127/
http://ohl2006.exblog.jp/11485169/
http://ohl2006.exblog.jp/11499692/
http://ohl2006.exblog.jp/11509068/
http://ohl2006.exblog.jp/11512196/
http://ohl2006.exblog.jp/11522374/
http://ohl2006.exblog.jp/11527804/
http://ohl2006.exblog.jp/11529365/
http://ohl2006.exblog.jp/11536135/
http://ohl2006.exblog.jp/11543041/

http://ohl2006.exblog.jp/11549762/
http://ohl2006.exblog.jp/11577584/
http://ohl2006.exblog.jp/11562059/
http://ohl2006.exblog.jp/11581750/
http://ohl2006.exblog.jp/11608304/
http://ohl2006.exblog.jp/11685406/

http://ohl2006.exblog.jp/11676585/ (音楽トラさん貰われる)
http://ohl2006.exblog.jp/11676722/ (子猫トイレ紹介)
http://ohl2006.exblog.jp/11661911/ (ミニマム登場)
http://ohl2006.exblog.jp/11678830/
http://ohl2006.exblog.jp/11678830/ (茶トラちゃんその後、そしてミニマムが家族へ)
http://ohl2006.exblog.jp/11685526/ (残ったクロさん)
http://ohl2006.exblog.jp/12021207/ (白茶くんtrial)
http://ohl2006.exblog.jp/12040014/ (白茶くんその後)
http://ohl2006.exblog.jp/12046131/ (里親さん募集した4匹まとめ)


どの子も、素晴らしい飼い主さんと出会えて本当に良かったです。
ずっとずっと元気で健康でいてください^^
君たちの命のバトンを繋ぐことが出来て、わたしは幸せだったよ!


[PR]
rozeponさーん!!!
リンクはもちろん大歓迎です^^

チャコママさーん!!!
iPhoneにメールしました~



相変わらず更新ペースが極端な管理人@愛です。
ごきげんよう。
中受算数の先生バイトで2月第一週が終わるまであまり更新ができません。

桜子もミニマムも元気です。
満月の日に、予測されてたてんかん発作も起きてません。(ミニマム)

であ!
[PR]
みんなたちの名前の由来。
コメントで質問を頂いたので記事にしてみまーす^^

まずドーベルマン桜子さん。
2001年生まれの桜子さん。当時2000年冬に放送された、
松嶋奈々子さんのドラマ「やまとなでしこ」が流行ってまして、
「このイヌってば美人だし、松嶋奈々子に似てるかもっ!?」
と親ばかな理由で、
松嶋奈々子さんの演じたスッチー神野桜子から命名しました(笑)(´∀`*)ウフフ
f0002218_8304086.jpg

官九郎くんは、よく「あら!あなた!中村勘九郎が好きなの!?わたしもファンよぉ♪」と
中高年のおば様方に言われるのですが、文字の通り宮藤官九郎氏から貰いました~!
クドカンがまだ有名になる前に少し交流がありまして、
当時から彼の天才ぶりをかなりリスペクトしていたわたしは、
「今度ワンコが来たら、絶対に官九郎って名前にするね!」と約束していたのです♪
(人´∀`).☆
f0002218_8305322.jpg

桜子、官九郎と来て、やっぱり次も「和」で決めよう!と思っていた
チワワのポンポンですが、当時、「すもも子」「すみれ子」「かすみ子」と
候補を挙げてみたけれど、友人たちからことごとく
「言い難い!」「なんか変!」とNGを出され...(1ヶ月近く無名のまま)
しかし健康診断のため、病院で名前を言わなくてはならなくなり、ふと足元のチワワを眺めつつ
「ピョンピョン飛び跳ねてるから、ポンポンでいいやヽ(`Д´)ノウワァァァン!!」
と、実にやっつけ仕事的な命名なのでした。汗
和風な名前を命名し続ける夢が、簡単に破られた瞬間です(笑)
f0002218_8311126.jpg

純血種の猫、「スコの空ちゃん」と「ヒマラヤン海くん」は
初回出資者の母が命名の権利をゲット!
「陸、空、海が分かりやすくていいわぁ~」との意見から、
空ちゃん、海くんとなりました。
陸くんは?って感じですが、また次に母が純血種を買ったら
つけるつもりなのかな?
(でも世話するのはわたしなので、もう増やしたくないです...)
f0002218_8312586.jpg

f0002218_8313533.jpg

「みたらしくん」は、わたしが拾ったのでわたしが命名!
ちょうど、みたらし団子を食べながら名前を考えていて
「あ!この猫って、色がみたらし色!」とひらめき、
拾ってきてから30分で名前は決まり「みたらしくん」となりました。
そんなみたらしくんを、わたしはとても気に入ってしまい
「里親さんに出そう」という考えが全く浮かばず、自然と家族になりました。
そしてFIP発症ですから、なんとも複雑です....
(里親さんが治療で苦労しなくて良かったという思いと、
里親さんに出していればFIPにならなかったかも?との二つの思い)
f0002218_832394.jpg

クロさんは、当時このブログで「里親さん募集」していた子猫4匹のうちの1匹で、
新しい飼い主さんが決まるまでの(分かりやすい)仮の名として、
「クロ」「赤茶トラ」「白茶トラ」「サビ」と、体毛の色から命名。
そしてなんとな~く、桑田圭介さんの深夜番組「音楽寅さん」から、
「赤茶トラ」を「音楽寅さん」と呼ぶようになり、
その流れで「音楽クロさん」になって、白茶トラ、サビは里親さんに貰われて行き...
「音楽トラさん」も房総の里親さんへと旅立ち....
時は過ぎ、面倒臭くて誰も名前に「音楽」を付けなくなり(笑)
「クロさん」という呼び名が残ったのでした~
f0002218_8341952.jpg
f0002218_8343397.jpg

門脈シャントの「ミニマム」は、拾った当時、とにかくめっちゃ小さかった!!!
手の平サイズ!その割にはドライフードもバリバリ食べるし、赤ちゃん?というわけでもなくて。
そんなことから、わたしが「ミニ」よりは「ミニマム」が可愛いかな?って感じで命名したのです。
この子も最初は里親さん募集をしていたのですが、1、2週間も過ぎた頃には、
妙~にわたしが「好き好き♪」になってしまい家族へと...(茶トラ猫好きなわたしなのです)
その5ヵ月後に門脈シャントが発覚し大手術となったので、
やはり、うちの子になる運命だったのだと思います。
f0002218_83573.jpg

f0002218_8351912.jpg

改めて、命名の理由を書き出してみると、なんていうか歴史を感じます。
わたしが子供の頃は、今の数倍もの猫と犬がいたわけだけど、それでもみんなたちの名前ってきちんと記憶に残ってるからね。(記憶にあるだけでも、ムク、クロ、ダン、ポメ、サクラ、コタロウ、リキ、ケン、ジュン、ピーチャン、ラッキー、バニラ、ルパン、シロ、ボタン、ルンルン、シッポ、アール、チビタ、マル、キキ...ああ、まだまだいるけどやっぱり全部はすぐに思い出せない(汗)そして名前が昭和すぎるっ(笑)ルンルンて!(笑)

多頭飼いも発症原因のひとつ?と言われている病気FIPで、みたらしくんが死んでから、わたしはペットショップで、子犬/子猫を見るのを一切止めました。街中で野良猫や子猫を見つけても出来るだけ無視。瀕死の状態の子がいたら迷わず保護するけれど、出来ればもう(我が家で飼う)動物は増やしたくないな。今いる「みんなたち」を守らなくちゃならないし、十分に愛情をかけてあげなくちゃいけないと思っているから。
「人間の手が2本。だから人間ひとりが愛せるのは2頭が限界。それ以上は間違った愛情。」って言う獣医さんがいる。でもその先生は数十頭、匹、羽、かってるけどね(笑)ま、とにかく、うちの場合はわたしが世話して、家族がたまにサポートしてくれるだけだから今で十分なのだと思う。なんせ半分はもう「シニア期」へ突入だし。ほんとあっというまに成長しちゃうね。門脈シャントの大手術をしたミニマムも、来月で術後1年が経過します。早い、早い。
[PR]
モバイルPCより投稿
コメントレスしばらくお待ち下さいませ。

今週木曜は満月です。
ミニマムの様子は?
ややご機嫌斜めかな?
でも安定しています。
今月から3月までのカレンダー載せておきます。管理人@愛


2011年 新月 ・満月 の時刻表
新月/満月日時 (中央標準時)時刻
新月2011年1月4日(火)18:03
満月2011年1月20日(木)06:21
新月2011年2月3日(木)11:31
満月2011年2月18日(金)17:36
新月2011年3月5日(土)05:46
満月2011年3月20日(日)03:10
[PR]
昨日はお昼休みに、
ヒマラヤンの海くんと、姉宅の猫カフェラテ男のワクチン接種に行ってきた。
皆さんのお宅の猫ちゃんは、ワクチン後に副作用が出たことがありますか?
わたしの感覚では、一般的には、猫より犬のほうが副作用が出やすい印象だけど、
うちの場合は、犬たちは接種しても変化ゼロ。
その代わり、猫のぐったりや不調が、誰かしら出ている現状です。

その中でも、カフェラテ男が高確率で調子が悪くなーる!
今年で3年連続なので、もうお決まりなのかも知れないね。

今朝から発熱気味で食欲もゼロ。屋外番長さんがずーっと部屋で寝ています。
昨年は、初めてエイズワクチンも接種したのですが、
顔がパンパンに膨れあがってしてまい、結局怖くて2度打ちはしませんでした...

f0002218_2032442.jpg

今年は念のためと思い、5種だけに変更。しかし...
結局、具合は悪くなり、先ほど病院にて解熱剤をお尻に入れて、
ステロイドを注射してきました。
体温は39度2分。そりゃ食欲も落ちるよね。

先生によると、過去の接種データからして、
次回はワクチンのメーカーを変えてみるのが良いかも知れないとのことでした。
(過去全て、今回も同じK立のものだったので)
それと、ワクチン接種と同時にステロイドを打っておくなど。
3年連続の不調なので、次回からはきちんと対処してみようと思う。

海くんも、夕方くらいまではあまり動かず大人しかったけれど、今は普通にしています。
みたらしくんがFIPで死んでから、ほんの些細な不調でもビクビクしてしまう自分。
カフェに関しては、去年の例もあるのでそんなに焦らなかったけれど、
それでもやっぱり心配してしまうよね。
でも、ワクチン接種は大切な愛猫を伝染病から守ってくれるし、
リスクの少ない方法を選びつつ、きちんと毎年接種してあげたいものです。

f0002218_2038485.jpg

[PR]
ここ最近、やたらと桜子へまとわりついてるチワワのポポさん。
どうやらヒートが来ているみたい。

去年、長年、悩んで悩んで悩んで決行した官ちゃんの(完全陰睾丸)去勢手術。
そんなわけで、我が家の「みんなたち」で、避妊去勢手術を受けていないのは
チワワのポポさん1頭だけになりました。

うーん。
ポンポンは今年で6歳になるんだよね。
出産の予定はもともとないわけだし、もちろん今後もない。

6歳。
まだなんとか若いよね。
チワワは長寿犬種だし、ポンポンは小さなときから病院要らずの健康優良児。
きっと長生きしてくれることだし、2011年は、いよいよ手術にGoしようかな?

でもほら、ポポさんとっーても小さいし!(チワワ飼い主はみな主張するものです...とほ)
ちょっと(ううん、かなり)心配しちゃうー!

かかりつけ医の先生に
わたし「ポポちゃんはティーカップチワワだから麻酔とか手術が心配で~♪」と言ったら
先生「そんなに小さくないって!本来のチワワとしてはフツーよ、フツー!ガハハ!」と笑われた~

わたし「いやいやいや!ティーカップです!!!ていうかティースプーンサイズです!!!」と反論しても
先生「いやいやいやいいやいや、フツー、フツー!!(ヾノ・∀・`)ナイナイ」

腹割って話せるって大切ですよね(笑)

今回のヒートが終わって、春ごろ、梅雨が来る前までには避妊手術を実行しよう。
そして、桜子も一緒に今年の夏を迎えようね。

f0002218_161236.jpg

ただ、唯一、心配ごとが...それはポポさんはとても太りやすいってこと。
オペしたら一気にバケツサイズチワワになっちゃうかも!?汗
(´ヘ`;)
[PR]
番組をご覧の皆様、こんばんは。
【みんなたちNews】のお時間です。

先日、この番組にて
「毎日、Aさん宅にて内緒でモンプチをゲットしている野良猫のレオ君」をご紹介いたしましたが、
なにやら、このレオ君の「美味しい時間」に暗雲が垂れ込めて来たとの情報です。

WikiLeaks、もとい...NekoLeaksにて突然公開されたのは以下の文書です!

「午前10時30分にAさん宅へ行くとモンプチがもらえる(味は4種類の日替わりらしい)」

これを聞きつけた野良猫たちは、
老猫のレオ君を押しのけ、次々とAさん宅へ押し寄せているとのことです。
では、現場の様子です。


こちらはAさん宅で次々とお子さんを産んでしまった、
「サムちゃん?」「まめちゃんママ?」とにかくお名前がいくつもある中年女性です。
カメラを向けられてかなりご立腹の様子です。
十分に太りすぎですが、やはりモンプチは欲しいのでしょうか!?

f0002218_20312243.jpg

こちらは「まめちゃん」牝の3歳です。
とても可愛らしい雰囲気ですが、
この可愛さでモンプチを独り占めする気満々です。

f0002218_20324667.jpg

おおっと!こちらは「カフェラテ男さん」牡の5歳です。
皆と行動はせずに、直接、裏玄関から室内へのアプローチを狙っています。
自己評価がとても高く、「Aさんに俺はかなり好かれてるし!特別扱いだし!」と
思い込んでの作戦と思われます。果たして吉とでるか凶と出るか!?

f0002218_20331581.jpg

って(笑)なーんてね~♪♪

f0002218_20333712.jpg

とうとう、みんなにバレちゃったみたいです、レオ君(笑)
1ヶ月くらいは、レオ君しか我が家の庭まで来なかったけれど、
ここ最近は連日フルメンバーで待機してます。とほほ...

だから、出すのはドライフードだけにしてるの。
だって老猫のレオ君には栄養をどんどんつけてあげたいけど、
他の子たちは山盛りドライフードを、姉宅の庭先で毎日食べ放題なんですよ。
信じられないくらいに太ってて、これ以上食べてどうするの?って感じだからね。

またしばらくの間、ドライフードだけあげてたら皆も諦めるかな?
そうしたらまた内緒で食べにおいでね(笑)レオくん♪
[PR]
お正月が明け、通常の生活へ戻り、
ニュース番組で「成人式!ハタチの大騒動!」が流れて...
「もう1月も半ばかぁ。早いなぁ。」と思いつつ、
「自分のときはどんな(成人式)だったっけ?」って、毎年のことながら思い出してる気がします。

More
[PR]
お正月の間は、いつもより朝寝坊できたみんなたち。
通常生活に戻ると、毎日6時起きです。

↓写真は、わたしの部屋の前に広がるデッキスペースのお水。
朝一は飲めません(笑)
カチンコチン!

f0002218_11311285.jpg

いや別に、わたしに付き合って6時に起きなくてもいいのだよ。
みんなたちはまだ寝てていいんだけどね。
結局は目が覚めちゃうよね。

スコの空ちゃんは、朝から目がシャキ!
手をあげて「はやくご飯」と言っています。

f0002218_11312690.jpg

桜子は、全ての家事が終わってから自分のご飯が出てくると分かっているので、
無駄なパワーは使わず寝ています。まだ顔が眠たそう。

f0002218_11314467.jpg

ミニマムはわたしの起床と同時に朝ごはんを食べられる特別待遇。
そんなわけで、すでに満腹くん♪わたしのお布団で2度寝体制入ってます。

f0002218_1132611.jpg

クロさんは、生活サイクルがみんなたちの中で1番しっかりしている子。
夜は10時就寝、朝は7時起床。
どんなに周りがうるさくてもこれを守ります。
今朝はまだまだオネムモードです。箱座りがカワイイ。

f0002218_11324892.jpg



わたしも夜更かし生活から、いつもの早寝生活へと切り替わりました。
早寝早起き。
やっぱりこれがいいよね。

あ、今週はミニマムを相川先生のところへ連れて行かないとな。
桜子の抗がん剤は、やっとやっと間が長くなって、次は19日だ!
猫のワクチンもしなくちゃだし。
今年も動物病院へ行く予定盛りたくさん....
[PR]
f0002218_81444.jpg

先日、6日深夜のミニマムです。
この日は、午前中から大勢の来客があり、やや睡眠不足だったミニマムです。
夕食後からきっちりと眠れればよかったのですが、どうにもまとまった睡眠が取れません。
23時辺りから、やや怪しい雰囲気(ご機嫌斜め)になり、
ケージへ入れて眠るように促すのですが、興奮が冷めぬまま小発作が始まってしまいました。

以前は、これが大発作に繋がる症状と気付いていなかったので、
必死になだめたり、抱っこしたり、ご飯を与えたり、声をかけたりしていたのですが、
今は、フェノバールを追加してでも、一刻も早く眠らせてしまいます。
ケージ内はもちろん、部屋全体も暗くして、自分も寝ます(これ大事)。

飼い主が心配して、そわそわと起きている方が、
発作を呼んでしまうと過去の経験から学びました。

この日は、特に投薬することなく、わたしも横になったらミニマムもすぐに熟睡を始めました。
ミニマムの精神状態は、世話をしているわたしの影響をとても受けると思います。
わたしが日中からバタバタとしていた上に、夜もあまりミニマムとコミュニケーションが
取れないでいると、まとまった睡眠を取りにくいみたいです。

癲癇発作は、中には防げるケースもあると思います。
出来るだけ脳にダメージを与えないよう、1回でも発作を減らしてあげられるように
これからも観察を続けて行きたいと思っています。



[PR]