<   2010年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ちょっと更新が止まってしまいましたよ。汗

今から遡ること11日前。
みんなたちの飼い主(わたし)は、
激しい嘔吐が止まらず気を失ってしまったのでしたー。ピーポー

18歳のときに胃潰瘍、十二指腸潰瘍になって以来、
ずっと胃には悩まされてきて、
入院したり、通院したり、市販薬で誤魔化したりしてきたけれど、
とうとう身体が限界に達してしまった模様です!

今回は穿孔型の胃潰瘍ではなかったのですが、
その他、胃に関する病名がズラズラと宣告されまして、(胃がんじゃないですよ.汗)
先生からも「ここらで腹を括ってしっかり治療を最後までしなさい!」と言われてしまいました。

いつも調子が良くなると「ふんふんふん~♪」とお薬を止めたり、
お酒飲んだり、激辛を食べたりしていたわたしなのですが
もう今回のような辛さは何事にも変えられないと思いました。
(´ω`)‥トホー

原因はストレス。
このストレスという物が一番厄介で、
「わたしは別に何のストレスも感じていませんよ?」と、言っても、
身体は、それなりに警告を発していたみたいです。
胃腸の他にも、そう言えば「あれれ?」と不思議に思うようなことが
多々ありました。

今もすでに頭がクラクラとし出して、PCの文字が二重に見えきました。
あー、こわい、こわい。汗

私自身は、
先生に強く言われた20日間の安静とやらを、ちょっとだけ守ってみようと思います。
桜子とミニマムの通院・治療はもちろん変わらず続けていきますけどね!

元気になったらまたPCにむかいます。
それまでしばらく、みんなたち、お元気で!

かんりにん愛
[PR]
肝性脳症の後遺症から、前脚麻痺になってしまった猫のミニマムくん。
手が使えないのに、どうやってトイレしているの?かと言うと、
それは「寝たまま」です。

後ろ足で上手に立ち上がることを覚えた当時は、普通の猫と同じように、
立った姿勢で排泄をしようと努力していたけれど、
どうしても力んだ際に転んでしまったり、
腹部後方へ硬直している前脚に、おしっこがかかってしまい、
気持ちよくすることができません。

そして本人もベストのやり方をいろいろと学習して、
ここ数ヶ月は、横向きに寝てする方法に定着しました。

しかし...
脳障害があるミニマムくん。
抗てんかん薬の副作用もあり、やや尿意・便意を察知する力が弱い。
ポケ~としていると丸1日トイレをしません。
我慢しているわけではなく、気付かないのです。

そこで、コマンドでの排泄。キリッ

犬の飼い主さんなら実行している方も多いと思います。
我が家も、犬たち3頭はコマンド排泄です。
幼少期からおしっこやうんちをしている時に、決めた言葉(コマンド)を、
その最中にだけ、ひたすら言い続けるのです。
そうすると、自然と「排泄=その言葉」が頭にインプットされます。
そして、そのコマンドを聞くと、身体が勝手に排泄モードに切り替わり
尿意・便意を感じるようになるのです。

車に乗る前、病院へ行く前、尿検査のとき、
室内での排泄が必要なときなどetc.
いろんなシーンでこれはとても役に立ちます。

ちなみに、我が家は「ワン・ツー」がコマンド。
「ワンツー、ワンツー、ワンツー」で、ほぼ100%出ちゃいます。
たとえ膀胱に出るものがなくても、
桜子さんは、かがんでポーズだけでもしてくれます(笑)

話が脱線してしまいました...汗

そんなわけで、ミニマムくんにも、
排泄の間中は必死に「チッコ、チッコ、チッコ~♪」と唱え続けて早数ヶ月....
退院した3月から始めて、6月くらいからは、
この「チッコ」に反応するようになってきたのです!

「チッコ、チッコ、チッコ」と声を掛けると、
まずはシーツの上を「ナーゴ、ナーゴ」と鳴きながら匂い嗅ぎをします。
そして位置を決めると横向きに倒れて、わたしの目をジッと見つめたまま
後ろ足を片方持ち上げます。
そして、チィ~!(*´Д`*)
うんちの時も、同じ流れてします。とても賢いミニマムくん。

コマンドをちゃんと覚えてくれた!

しかーし.....やっぱり出ないときも多いのです。(ふんばれない?)
きちんと、後ろ足を上げてくれるんだけど「ぼく、ないよ?」って顔で。
水分量とか気にして強制的にシリンジで飲ませてはいるけれど...
そうなると地元のかかりつけ医に駆け込んで、
カテーテルで取ってもらうのですが、それがだいたい月に1度か2度くらいかな。

運動量が少ないせいもあって、先週はお初の便秘にもなりました。
3日間出なかったのは初めてなので、ラクツロースで治療します。
そしてヨーグルト。
効くのかどうなのかは微妙ですが。
ミニマムくんは、美味しそうに食べています。
わたしも、ちょっぴり胃の調子が悪いので、
一緒に毎日ヨーグルトを継続中。

ちょっとここ最近、ミニマムが心配な雰囲気になってきた。
来週は、門脈シャントが再発していないか、総胆汁酸の検査を
相川先生のところで行います。
f0002218_13421538.jpg

f0002218_13424847.jpg

[PR]
ミニマムくんは、門脈シャントによる肝性脳症が原因で、脳神経麻痺が残りました。
今は、前脚の硬直。そして、癲癇(てんかん)発作があります。

癲癇については、抗てんかん薬の投与を春から始めたおかげで、
発作も月に1度起こるか?起こらないか、くらいにまで減少してきました。
発作の大きさも、少しずつ小さくなっているような気がします。

今、飲んでいるお薬はフェノバルビタール(フェノバール)というもので、
癲癇には一般的に使われているお薬です。
朝晩、決められた時間に、決められた量を、きちんと投与しなければなりません。
1日たりとも忘れてはいけないお薬なのです。

どうしても投与時間に留守をする場合は、家族や知人に投薬を頼まないといけないのです。
そして、それは一生飲み続けることになるかも。
プラス、定期的な肝機能のチェック。
フェノバールの血中濃度の検査もこまめにしなくてはなりません。

大変でしょ?多分、きっと、癲癇の子と暮らしてないヒトはそう思ってくれるのかも知れません。だけど、それが全然大変じゃないんですよね。ミニマムの癲癇が始まってから、様々な飼い主さんのブログやHPを読みましたが、誰もがみんな「その子が少しでも良くなるように。苦しまないように。」って、日々、たくさんの勉強をし、意見の交換をしたり、アドバイスを出し合ったりしている姿を見て、ますます元気とやる気が沸いてくるくらいなのです。

ミニマムが生きていてくれるなら。

毎日、毎日、生きているミニマムと過ごしていると、色んなことが分かってきます。
「あ、顔、拭いて欲しいんだな」とか「じゃれたい気分なんだな」とか。

ミニマムは、他の子と同じように走り回ったりはできません。
どうしても寝ている時間が長くなっちゃうし、
ストレスだって感じているのかも知れません。


f0002218_14221880.jpg
f0002218_14223581.jpg
f0002218_14224896.jpg
f0002218_1423282.jpg


この写真で、ミニマムくんが噛み噛みしているのは、猫じゃらしの棒。
何故かファーの付いている方じゃなくて、棒に噛み付くのがいいらしい?
普通だったら、手を使って、引っかいたり、捕まえたりするんだけどね。
それが出来ないミニマムにとって、「噛み付く」のが遊びなのかも知れません。

ほんと、何とかして前脚の麻痺を解く方法はないのかな。
怪我をしているわけじゃなくて、脳からのサインだから仕方ないのかな。
たまに、ミニマムが突然4本足で歩き出す夢を見ます。
やっと1歳になったミニマムくん。
いつかきっと歩き出せる日が来るといいな....
[PR]
悪性リンパ腫のドーベルマン桜子さん。

今月から毎週行っていた抗がん剤治療が、2週間おきになった。
受ける曜日も、土曜日から平日へと移行して、とても楽になりました。

このまま半年続けて、寛解の状態が続いたら、
いったん抗がん剤治療は止めてみようかな?とも考えています。
再発を待つ...と言うと、なんか残酷にも聞こえるけれど、それでいいような気もするの。
もちろん、再発しないことが一番の希望だけれど、
休むことなく抗がん剤を投与し続けるのも、どうなのかな?って。
もちろん、主治医の先生と相談して決めていくけれどね。

桜子は来年の7月で10歳。
わたしの目標は、まずはそれ!
そして、それが達成できたら、また新たな目標に向けて頑張る。
それでいいのだ。

ここ最近の桜子さん。
ちょっともう、こちらがうんざりするくらい(笑)元気です。
ステロイドの副作用もあると思うけれど、異常な食欲!!!
とにかく食べ物のことを1日中、考えてる雰囲気。

散歩も普通に行くし、下痢や嘔吐は見事にゼロ。
「あなた本当に悪性リンパ腫?」と、突っ込みたくなるくらいです^^

桜子さんは、意外と強いんだな。
か弱い、か弱いと心配しているのは飼い主だけで、当の本人はノミの心臓で図太いのかも?
くす♪

f0002218_10435465.jpg

「ニキビも治ってきたし♪」

[PR]
連日、我が家のお庭には、庭師さんが入ってくれています。
夏の間、青々と茂った木々は、秋の訪れとともにキレイさっぱりと刈り取られてしまいます。
そうしないと、落ち葉の掃除が大変になってしまうからね。
ちょっと寂しい気もするけど仕方ないよね。

そんな庭師さんたちに愛想よく寄っていくのはシェルティ官九郎くん。
朝からずっと庭にいるみたい。
普段見かけない人が来ると、誰でも「遊んでくれるヒト」だと思い込んでしまうんだよね(笑)



「じゃましてな~い?官ちゃん?」
f0002218_14574357.jpg




以外と男性陣に人気があるのは、チワワのポンさん。
「パ、ねぇ!ちっせぇ!ちょうカワイイんすけど!」と、
スキンベッドの庭師さんに言われてました(笑)
くすす♪
f0002218_1524542.jpg



ちなみに、桜子さんはお部屋で待機。なぜって...それは、万人向けじゃないから...
悲しき「ドーベルマン」という犬種。(;´д`)トホホ…



本日、お疲れ様をした、我が家の木々たち。
なんとなく、キレイな物を数本選んでみた。
ベルトフックや、ちょっとしたインテリアに使えるかな?って。
母は「菜箸をつくってみたら?」なんて言っていたけれど、使い物になるのかなぁ?
f0002218_15135313.jpg



最後に桜子さん、ちょっとだけ登場。
みんなが庭で談笑している声が聞こえるのか、吠えまくりでうるさいのです。
f0002218_1519938.jpg



今日はどんよりとした曇り空だったけれど、お庭もスッキリして
よい気分でした。

明日はミニマムの血液検査にでも行こうかな。

[PR]
f0002218_22211337.jpg



f0002218_20515763.jpg



f0002218_20523381.jpg



f0002218_2053179.jpg



f0002218_20532398.jpg



f0002218_20533426.jpg



f0002218_20535695.jpg

ちゃーちゃん、顔、こわい....




みんな大すき。プライスレス!

[PR]
桜子の悪性リンパ腫がわかった今年の7月。
ちょぅどその少し前くらいから、頬にニキビのようなものが出来ていました。
それは桜子の小さい乳首に瓜二つで、「あ!ちゃーちゃんてば、顔に乳首ができちゃった!」
なんて笑っていたのですが、これがたまに自壊しちゃって出血してくるのです。

f0002218_9203164.jpg

f0002218_9204454.jpg

バイオプシーもしてもらったのですが、良性らしくて、
先生いわく「特に何もせずそのままがいいよ~」とのこと。

「レーザーかメスでサクッと取る...なんてのは?」と、さりげなく聞いてみたのですが、
場合によっては全身麻酔になるし、今の桜子には「必要ないの!キリリ」と言われちゃいました。

美人さんちゃーちゃん、可哀相....

って、当の本人はなーんにも気にしてないのですが(笑)

記念に写真をUPしておこうっと。
[PR]
本日は、ドーベルマン桜子の抗がん剤通院の日です。
7月10日に始めた、悪性リンパ腫の抗がん剤治療。
いよいよ4ヶ月目に入りました。

朝一で桜子さんを病院へ預けます。しばしお別れのとき....
がんばれ!桜子!


f0002218_13364796.jpg

f0002218_13384738.jpg


ジャーン♪結果発表!


なんと桜子さん、ずい分と貧血の数値が改善していました。
HGBは基準値まであと少しです。
すごいよ、ちゃーちゃん!

WBC白血球数(基準値6000~17000) 6200
HGBヘモグロビン濃度(基準値12~18) 11.6


f0002218_13412726.jpg

白血球の低下は免疫力の低下でもあるので、
この貧血状態が酷いと、
抗がん剤治療は中止せざるを得ないのです。

治療開始した当初は、かなりの貧血状態だった桜子ですが、
それでも、一度も治療を見送ることなく、投与の継続が出来ています。
このまま、ずっと上り調子で....回復を祈るばかりの飼い主でした。


そしてなんと、今月からは、
「毎週受けていた」抗がん剤治療を、「2週間おき」にすることになりました。
そんな日が来るなんて!!!
桜子の生命力に拍手なのです。

いずれ来る再発。

もちろんこのまま1年、2年と生き続けて欲しいけど、やはり
忘れてはいけない現実なのだと思います。

その時に、耐性のついてない抗がん剤で十分に戦えるように。
それまでは、自身の免疫力を上げて、パワーを温存しておくぞ!




と、そんな嬉しい結果が出た本日。
気分もいいので、お買い物をしてみた!(桜子には3日ぶりに牛骨)

思い起こせば「ああ、これ欲しいなぁ」と言い出したのは
今からもう1年以上も昔(笑)
楽天市場で最安値をチェックしつつ「でもなぁ。送料かかるしぃ」と
セコさ満点でグズグズしていた、その品は.....!!!

f0002218_13343433.jpg

「仕切り2色鍋ぇ~!(IH対応)耐熱ガラス蓋つき」


地元のホムセンで3,980円でした。ふふふ♪
たかが398と言わないでください。汗
なんせ2冬も悩んで買った1品なのですからね!

今夜は、醤油だしと豆乳のお鍋です。
キムチ鍋も、水炊きも、片方はおうどんで、もう片方は雑炊に...
夢は膨らむわたしなのです。ああ、嬉しっ^^
[PR]
寒い夜には、ぬくぬくのこの子はいかが?
ちょっと短足なのがカワイイでしょ?

毛は、ムートンみたいです。
お腹は、プリンみたいです。
手足は、マシュマロみたいなのです。

そんな癒し度指数100%の海くんは、我が家で一番の「噛みつき猫」です。
(い、癒しじゃない....)

f0002218_2327399.jpg


先日、友人と一緒のときに
「海くんて、最近は血が出るまで噛まなくなったから、優しいんだ♪ふふ(*´∀`*)」と、
つぶやいたら
「それ絶対にアイサンの感覚がおかしくなってるよ(笑)」
「DVに慣れちゃった、疲れた妻みたい」と、突っ込まれました。

ナイスな突っ込みね!
[PR]

寝違えました。
首が痛くて動きません。

ここ最近、猫たちがわたしのお布団に入ってくるから、
どうしても遠慮がちに寝てしまい、こういう結果に...
って、なんで猫に遠慮しなくちゃいけないの?もう!

いつも寝違える度に思うこと。

「絶対に遠慮なんかしないで寝るからね!!!猫が来たって好きな姿勢で寝るから!!!プンプン」と、
ひとり空しく怒っている飼い主です。でも結局は、無意識に猫たちへ布団の中央をゆずり、
隅っこで丸まって寝たり、腕枕の姿勢で、「うーん、うーん」と我慢しながら朝まで寝ているのです。
彼氏か!プンプン


今朝の犯人はこのこ。ずっとわたしの腕枕で寝ていたでしょ?
f0002218_8435738.jpg

「くろさん」です。

[PR]