<   2010年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

犬のリンパ腫に対する化学療法

1. 犬のリンパ腫の病型と臨床病期
 犬のリンパ腫の代表的な病型には,多中心型(multicentric form),前縦隔型(cranial mediastinal form),消化管型(alimentary form),および皮膚型(cutaneous form)がある。犬のリンパ腫全体におけるそれぞれの病型の発生頻度は,多中心型-約80%,前縦隔型-約5%,消化管型-5~7%であり,皮膚型はそれらよりも少ないことが知られている。その他に,症例数は少ないが,眼,中枢神経系,骨,精巣,および鼻腔などにリンパ腫の発生が認められる。
 また,犬を含めた各種動物のリンパ腫について,WHOの臨床病期分類(表1)が用いられている。体内における病変の広がりによって,ステージIからステージVに分類され,さらに全身症状の有無によってサブステージaおよびサブステージbに分類される。したがって,個々の症例の状態によって,その臨床病期をステージIIIa,ステージIVbといった形で表すことができる。


表1. 犬のリンパ腫の臨床病期分類(WHO分類) 臨床病期
(分類のための規準)


ステージⅠ
単一のリンパ節または単一の臓器(骨髄は除く)のリンパ系組織に限局した病変が認められる。

ステージⅡ
一つの部位における複数のリンパ節に病変が認められる。扁桃に病変が存在する場合も含む。

ステージⅢ
全身のリンパ節に病変が認められる。

ステージⅣ
肝臓や脾臓に病変が認められる.全身のリンパ節に病変がある場合でもない場合でも,この所見があればステージIVとする。

ステージV
血液や骨髄に腫瘍細胞が認められたり,他の臓器に病変が認められる。ステージI~IVのいずれの場合でも,それに加えてこれらの所見があればステージVとする。



2. 犬の多中心型リンパ腫に対する化学療法

 小動物臨床において,最も症例数が多く,また化学療法によって最も良い反応が得られるのが犬の多中心型リンパ腫である。臨床的に応用可能な化学療法について,ここ20年以上にわたって数多くの研究が行われ,その進歩は目ざましいものがある(表2)。
 犬のリンパ腫は,ごく少数の例外を除き,悪性であり,治療を行わない場合ほとんどの犬は4~6週間以内に死亡する。

 犬のリンパ腫に対して有効性が認められている代表的な薬剤としては,アドリアマイシン(ドキソルビシン),L―アスパラギナーゼ,ビンクリスチンシクロフォスファミド,およびプレドニゾロンが挙げられる。

その他に,有効と考えられる第二選択の抗がん剤としては,ビンブラスチン,シトシンアラビノシド,アクチノマイシン―D,ミトキサントロン,クロラムブシル,メトトレキサート,およびダカルバジンがある。
 初期に行われた化学療法として単剤による化学療法がある。アドリアマイシン(30mg/m2,IV,3週おき)の単剤療法では,寛解率50~70%,生存期間の中央値6~8ヶ月,といった成績が得られている(表2)が,その他の薬剤を用いた単剤化学療法はきわめて有効性が低い。現在では,アドリアマイシン以外による単剤化学療法は推奨されない。

 初期の併用化学療法では,アドリアマイシンを用いない組み合わせが用いられてきた。その代表的なものがCOPプロトコール:シクロフォスファミド(C)+オンコビン(O)(ビンクリスチンの商品名)+プレドニゾン(P)である。この併用療法は,単純で,容易に行うことができ,また副作用も少なく,寛解率60~70%,生存期間の中央値6~7ヶ月の成績が得られているため,以前には広く用いられたプロトコールである。

 その後,ヒトの非ホジキンリンパ腫で用いられているCHOPプロトコール:シクロフォスファミド(C)+ハイドロキシダウノルビシン(H)(アドリアマイシン)+オンコビン(O)+プレドニゾン(P)をもとにして,アドリアマイシンを組み込んだ複数のプロトコールが用いられるようになった。このようなCHOPプロトコールを基本とした方法を犬のリンパ腫に用いた場合,寛解率80~90%,生存期間の中央値約12ヶ月,の成績が得られており,アドリアマイシンを使用しないプロトコールよりも明らかに有効な治療法であることが示されている(表2)。

また,このCHOPを基にしたプロトコールの多くでは,L―アスパラギナーゼが追加されており,それによって化学療法に対する反応率が上がり,寛解導入が速やかになると考えられているが,L―アスパラギナーゼを使用することによって生存期間が有意に長くなるということは証明されていない。このようなCHOP-baseでL―アスパラギナーゼを加えた治療法として,ニューヨークアニマルメディカルセンターのAMC-1,2プロトコール,ウィスコンシン大学のUW-Madisonプロトコール(表3),タフツ大学のVELCAPプロトコール,イリノイ大学のCOPLA/LVPプロトコールなどがある。

いずれも,基本的には同様の治療法であり,その成績も同様である。つまり,生存期間の中央値は12ヶ月,2年生存率は25%という壁を越えることができず,最新の報告でも,それよりも優れた成績は得られていない。したがって,CHOP-baseのプロトコールにL―アスパラギナーゼを加えた現在の治療法では限界が見えてきているようである。


抗がん剤プロトコール
治験などにおいて、あらかじめ定められた試験/治療計画のことをプロトコールといいます。つまり病気やその病気の状況に合わせてあらかじめ基準となる治療方針が決められておりその治療計画をプロトコールといいます。ガンだとたいていは関連医学会によってステージ別に標準治療が定められていますがその定められた標準治療法もまたプロトコールと呼びます。


がん細胞のなかでも、とくにリンパ腫およびリンパ肉腫には、炭水化物で異常増殖する細胞があるというデータがあります。よって、炭水化物を豊富に含む食事を避け、かわりに高脂肪の食事を勧める場合もあります。この種の食事は味もよく、高エネルギーです。高脂肪の食事を長期固犬に与えることによって、脂肪を自身のエネルギーに利用できなくなったがん細胞は、死滅する可能性があります。
[PR]
かっぱさん、お返事遅くなってしまってごめんなさい!

桜子、とてもよくがんばってくれてます^^
毎週受ける点滴の抗がん剤は、
数十分もかかるし、病院へ預けになるし、普段は
わたしと離れるとヒーヒー(泣)娘なのですが、
よく辛抱してくれています。

そして、
かっぱさんをはじめ、皆さんからのあたたかい応援もあり、、、

後日記事にもしますが、驚異的な回復をみせてくれている
ことろなのですよ♪

かっぱさんのお知り合いの方は、きっと強靭な精神力で
病気と向き合いがんばられたのですね!
信頼する気持ちや、「生きるんだ!」って気持ち
本当に大切で影響力は大きいものと思います。

わたしも、悪性リンパ腫から奇跡の生還をなさった方の
書籍を読みました。
かっぱさんのご友人のお話もあるし、

諦めることなんてないんだな!ってとても勇気付けられました!

ほんと余命なんて一種の仮説ですものね。
桜子さんが、このブログに来てくださっている皆さんから

「あんなに心配したのにッッッッ」と突っ込まれるように

完治を目指しちゃいます。パワーありがとうですーーーー!!!!

横でいびきをかきながら
グースカと寝ている桜子に届けておきますね(笑)



-------------おまけ-----------------


連日の猛暑.....ハアハア

ほっんとイヤになっちゃいます。

春だよねぇ!やっぱり! ふふふのふ♪

人間がこんなだもの。毎日毛皮を着ている動物なんて、もう、暑くて暑くて仕方ないことでしょう。

特に長毛の子なんてね。

f0002218_11503479.jpg



















f0002218_11513799.jpg


ハサミでわたしがチョキチョキしちゃった!!!!!!!
木屋で研いでもらったばかりの髪切りバサミが、あっというまにダメになった!汗
恐るべしモフモフ種族w
[PR]
ドーベルマン桜子さん。抗がん剤治療を開始して1ヵ月が過ぎました。
やや白血球の数値が高くて、貧血気味ですが、
リンパ腫の大きさは驚くほどに縮小し、
治療は順調に成果をあげていると思われます。
点滴の抗がん剤は毎週土曜日に地元のお医者さんで受けています。
飲み薬は毎日、朝晩食後に数種類を飲んでいます。

もともと「ペットにおやつ(ホムセンなどの市販もの)」というものをあげる習慣のない我が家ですが、
桜子の癌が発覚してからは、なんていうか、、、その、、、、上げ放題にしていますw
家族や友人がバンバン買ってきてくれちゃうんです。ふふふふ♪

桜子さんは毎日がHAPPYで、満腹で、グルメで、
「なんで最近、みんなあたいに優しいの!?」ってな感じです。
いいんです、それで、もう。
癌が発覚した当初は「余命一ヶ月半」と言われましたが、
積極的な抗がん剤治療を行えば、1年から1年半は生き延びられるそうです。
(桜子がすぐに死んでしまうと心から心配して下さった皆様、ゴメンなさい!?
 ・・・・謝るのも変だけれど。汗)


犬の1年は、人間の4年とも言われています。

だから、濃く、楽しく、苦痛なく、快適に生きて欲しい。

万に一つ、「あれ?もしかして、完治しちゃった!?」なんてのも、
ドーベルマン桜子さんなら有り得るかも!と、ここ最近は思い始めています。
たくさんお見舞いしてくれた人たちから「なによーもう!おやつ代、返せー!」と、
突っ込まれる日が本当に来ますように.....愛しい、ちゃーちゃん、元気になって......涙

なーんて言いながらもね、
わたしはいつも通り、桜子を叱るし、叩くし、何やってんじゃー!(゚Д゚)ゴルァ!!って感じですけどね。
ドーベルマン相手に「よちよちぃ、バブバブぅ♪なんてやってられないもんっ。
病気になったからって、ルールはルールだし、
他の子もいるし、共同生活を舐めちゃ駄目よって話です。
そこのところは体育会系で。

さて、そんなちゃーちゃんの現在のお姿。今さっき撮影しました。
みんな、ガリガリにやせ細り、寝たきりの桜子を想像してます?汗
ぜんぜん普通なので、ガッカリ!?しないでね。くす




チワワのポンポンは、みんなが桜子へ優しくすることにヤキモチを焼く毎日です。
だからマウントして気持ちを解消していますww

それにしても桜子さんは本当に美人です。松嶋奈々子並です。
では、親ばかで〆さめて頂きますw



PS.ドーベルマンバルドが亡くなりました。
 わたしはバルドが、まだバルドとなる前に群馬で君に会っている。
 ムチムチした身体。赤ちゃんドーベルマン。本当にかわいかった!!!!
 桜子より、1歳若いバルド。
 まだまだ若い君なのに、神様のもとに行っちゃったんだね。
 悲しいし、さびしいし、どうして!?って皆が思っているよ。

 君が大きくなってから会ったことはなかったけれど、
 いつも君の事は、「あの娘」を触るたびに考えていたのだよ。
 「ああ、この子の牡バージョンはいったいどんだけ元気マンなのだ!?会いたいなー!」ってね。クス!

 誰でも年はとるよ。誰もが死ぬんだよいつかは。
 君は少し、いや、だいぶ急いでしまったけど、そのうちみんなも君に会いに行くよ。
 だから待ってて。
 ゆっくり休んで、たくさん美味しいご飯食べて、メタボにも気をつけて、運動もたくさんしてて。
 
 Tさん、どうか落ち込まないでください。なんて言葉は無意味だってわたしも百も承知です。
 いつかバルドのお話、聞かせてください。そんな時が来ますように。
 桜子もあと少し、ふんばってみます!バルド、ありがとう!
 
[PR]