<   2010年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

今日の昼に書いた記事の中で、
「相川先生のところにいって、嬉しいことがひとつ決まったんだ。」と
書きましたが、それは何かと言いますと......


ミニマムくんの退院が決定しましたぁ~!!!

( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチパチ


来週の月曜日です。
3月1日。
清々しい春の日にしました^^

ほんとはね、「どうしてもっていうなら今から連れて帰ってもいいよ」とも言われたの!

でも、ほら、いろいろと新生活の準備とかお買い物とかあるから、新スタートの3月初日に♪って
ことで話がまとまりました。看護師さんからは、ご飯の与え方やトイレの仕方、寝返りのことなど
色々と話も聞けました。さあて、頑張りますよ!ミニマムくんとの新しい生活です。

1週間が無事に過ぎ、、、、、そして、先生いわく、次は1ヶ月。
ミニマムはこれで完全健康体になれたわけではないんだよね。
週おきの通院検査。乗り越えて行くのです。

皆様の応援がとても力になりました。
もうあと少し、一緒にミニマムと泣き虫飼い主を見ててやってくださいね。
f0002218_2358555.jpg

[PR]
みたらしくんが死んだのが、去年の9月17日....
死因は「猫伝染性腹膜炎(FIP)」のドライタイプ(非滲出型)発症です。
現在の医学では、まず100%助からないと言われている病。
どうして発症してしまったの?
「これだ!」なんて言い切れるものはない。
ただ....
虚勢手術から帰宅して、その日から食事を一切食べなくなって、そのまま....
毎日の通院治療の甲斐もなく、1ヶ月半で死んでしまった。

ミニマムが我が家に来たのが、8月2日
ものすごい風邪っぴき状態で、病院にてカリシの治療をすぐに開始した。

f0002218_23573894.jpg

みたらしとミニマムは、同じ茶トラという事が関係するのか?しないのか、すぐに意気投合して仲良くなった。
というか、ミニマムがみたらしくんを親代わりのように求めていた。いつも2匹はくっついて寝ていた。そして、みたらしくんは、前々から予定していた虚勢手術を受けるために入院した。この時に、既にカリシウイルスに感染してしまっていたのかも知れない....

みたらしは、退院したと同時に、具合がどんどん悪くなっていった。何も食べない。いつも寝てばかりになり、そんなみたらしの横にはいつもミニマムがいた。食べなくなって3日目の朝、手術した先生に相談したら「避妊虚勢手術すると1週間くらい大人しくなることは珍しくない。でも心配なら連れてきて」と言われ、点滴へ連れて行く。

ミニマムのカリシは妙に治りが遅かった。わたしの経験上「これはちょっと違うかな?」といやな予感がした。先生は処方薬の変更をしたりした。それでも粘膜系がグショグショしていて治りづらい。けど、「所詮、カリシ、単なる猫風邪」っていう気持ちがあった。それよりも食べないみたらしのほうが心配だ。みたらしくんは、点滴を受ける。インターフェロンも開始した。それでも回復しない。痩せていく。もうおかしい。そんな記事をここへupした。

そして後日、

わたしのブログに【秘密コメント】が入るんです。

<みたらし君の事でちょっと気になってコメントさせてもらいました。
避妊・去勢手術後に元気がなくなり2ヵ月後くらいには亡くなってしまう
…というのを他の方の猫ブログで複数読んだ事があります。
その場合、死因は全員がFIP(猫伝染性腹膜炎)で
避妊・去勢手術が引き金になったと思われます。
みたらしくんは違うと信じていますが、こんな心配させるようなことを書いてしまって
ごめんなさい。わたしも以前にFIPで愛猫を亡くしているので...>


これがわたしとFIPの出会いでした。すぐに野村先生のところで検査。数値25600....
絶望的。
先生たちと色々と話し合って、考えた。
「虚勢手術」が原因なのか?

いや......「ミニマムがキャリアなのではないか?」



当時、それらのことは記事にしていなかった。
ミニマムを「原因扱い」したくなかったし、みたらしの治療でそれどころではなかった。みたらしは、日々、確実に「死」へと近づいていくような状態だった。それでも毎日、野村センタに通院して治療した。同時にミニマムのカリシの治療も続いていた。でもミニマムは元気だった。そして、みたらしは死んだ。あっという間に。具合が悪くなってから1ヶ月半でいなくなってしまった。

目の前が真っ暗になった。なんで!?って気持ちと悲しみが一気に襲ってきた。そんな時、わたしの目の前には、すっかり我が家へと溶け込んだ可愛いミニマムがいた。カリシもほぼ完治している様子。

「ねえ、君がFIPの原因なの?君も死ぬの?」と、思った。
悲しいことばかりで嫌になる。でも逃げちゃ駄目だ。

ミニマムもFIPの血検しなくちゃ....

地元の先生に検査を依頼した。

結果は.....



<続きは、また後日に更新させてください。すみません>
[PR]
先週の土曜日の午後、ミニマムくんは相川先生によって、門脈シャントの手術を受けました。
そして今日。ちょうど1週間が経過したのです^^

術前は、毎日のように起きていた発作も、術後は特に起きていません。
軽い痙攣や神経症状は出ているけれど、これはもう肝性脳症の後遺症として受け入れるしかなさそう。
また一週間後には、血液検査や脳の様子も先生に診てもらう予定。
いいの、いいの。そうやって「生きて」いけば。
道は開けたんだよね、確実に!

死んでしまうような状況から、再び命を取り戻したミニマム。

あの日、あの夜、たまたまわたしの目が覚めて、
布団にミニマムがいなことが気になって家中を探した。
そして、失禁をし、泡を吐いて、冷たく硬くなっているミニマムを倉庫で見つけた。

救命救急をしてくれたのはK先生。
あと数時間経過していたらミニマムは「確実」に死んでいた。
わたしも正直「もう駄目だな」と思った。
だけどK先生がまずミニマムを「生かした」!

AM4:30
とても辛そうな寝起きの声で「・・・・う、、、うぅぅ、、、もじもじ?(もしもし)」と、
電話に出てくれたK先生の声は一生忘れません。(そしてすぐに病院を開けてくれた)
先生は命の恩人です。
これは本当に奇跡なんだよ。
みたらしくんの無念が届いたんだ。

そして、10日後、命のバトンは相川先生に....!

ミニマムの病気。先天性疾患である血管奇形。
門脈シャント。
まず普通には生きていけない。肝機能が全滅してしまう恐ろしい病。
野良では、良くて2、3ヶ月の命だろう。

とある人はね、わたしにこう言いました。
「身体的に死ぬ運命だった子を、たまたま拾って、無理やり手術して生かすんだね?
 でも、100万かけて死んだらどうすんの?ニンゲンって、お金ってスゴイよね。
 生き物の運命変えちゃうんだもん。」と。


ふ、不快......じゃなくて、深い! ほんと、深いお言葉です。。。。
たかが、野良猫。
されど、野良猫。

わたしは猫ばか。
それでいいんです。



あ......続きはまた夜にでも書きます。
先生のところにいって、嬉しいことがひとつ決まったんだ。
それをまた報告します。

それと、
コメントのお返事、していないままでごめんなさい。
とても感謝しています。
たくさんの勇気を、わたしもミニマムも貰いました。
そして、わたしの身体の心配までして下さって....
術前は、メソメソ泣いてばかりで食事が摂れなかったわたしですが、
今はもう大丈夫です。
涙が朝晩毎日なので、メイクもすっかりしなくなっちゃっていたのですが、
そろそろきちんと化けなくちゃいけませんね。
久しぶりに自分撮りをして見て↓このやつれたスッピン顔にビックらしてしまいましたw
やつれ過ぎでしょう。さむい、さむい。

f0002218_1513597.jpg

ちなみに、このピンクの「モフモフ」は、ミニマムくんのお気に入りのおもちゃなのです。
いつもこれを咥えて歩いていたミニマムくん。
ミニマムのにおいがたっぷり染み込んでいまーす。

めっちゃ、くちゃいのwwww クンクン

でも、寂しいからいつもこの「モフモフ」のにおいを嗅いでいる、飼い主なのでした。
早く本物のミニマムくんの「におい」をスンスンしたいな。
[PR]
いま、ミニマムの入院している病院の待合室にいます。門脈シャントの手術をしてから今日で一週間なので、相川先生と今後のことについてお話をします。ミニマムは食事の摂取量も満たされ、少しずつ元気を取り戻しているとのこと。あとは脳障害の改善を…いや、まだまだ門脈シャントの経過と肝機能障害が出ないか、そっちを何よりも気にしていかなくちゃ。ミニマムは生きるよね。大丈夫だよね。まずは一週間過ごせたことに感謝しよう。ありがとうみんなたち。ありがとうみたらしくん。
[PR]



[PR]
上手く言葉にできなくて何回も四日目のblogを書き直していました。一度記事をアップしたのだけれどなんとなく気持ちがまとまらなくて10分程で削除してしまいました…

ミニマムのいる病院は少し特殊で、【街の犬猫お医者さん】とはちょっと雰囲気が違います。
全国から重篤な病や一刻を争うような、今まさに生と死の狭間にいる子たちが何頭も入院しています。だからね、お見舞いとかも言いづらいの。(毎日の電話連絡・報告は欠かさないのだけど)実際にミニマムに関しても「見舞い?今はそれどころじゃないでしょ」って状態なわけで。でも…どうしても苦しくて胸が痛くて会いたくて仕方なくて、やや、ごり押ししたの。面会を…

わたしが見たミニマムは、予想と違った。

確かに生きてたよ。
ご飯もきちんと摂取量を満たせたらしいよ。
点滴も取れてたよ。
ニャァと声を出せてたよ。

でも…身体が...........



わたしは涙が止まらなかった。あの元気にやんちゃに走り回っていたミニマムは........


いやだよ

文字にしたくないよ


先生に
この状態で生かすことはこのこにとって可哀相なんでしょうか?と聞いたら
無言で首を横に振ってくれました


わたしはミニマムと一緒にこれから頑張る覚悟はできてるよ

だから生きて!

いつかまた立ち上がろう。わたしが君を前みたいに絶対にしてあげるから。




続きはまた明日にするね。

ミニマム、早く、いっしょにいたいんだよ。


f0002218_83358.jpg


f0002218_892219.jpg

[PR]
術後3日以内で起きる発作が命取りになるって文献を読んだ。
しかし、ミニマムは手術をする前日まで、当たり前のように毎日癲癇を起こしていた。
じゃぁ、術後発作だって....当然起きてしまうのでは?
とても心配で、心配で、わたしの心臓は24時間ドキドキしっぱなしです。
だけど!!!!
術後、軽い引きつけはあったけれど、大きな発作は1度も起きてないらしい。
すごい!!!
生きるんだよ、ミニマム、絶対に生きようよ!!!!

f0002218_1132148.jpg
(拾ってきて3日目の写真)



今日は、自発的にほんの少し治療食の缶詰を食べたらしい。
嬉しい!
大切なのは、自ら「食べる=生きる」ってこと。

ミニマムに会いたい。
ミニマムを抱っこしたいよ。
もうわたしの涙は、いい加減枯れてしまうよ。
どれだけ流せばいいのだろう。
泣き虫はよくないよね。
情けない。

どこに行くときも、寝るときも、ずっとミニマムとみたらしの写真と一緒になんだよ。
ボロボロになってきちゃった。
早くお家に帰ってきてよ。
みんなで待っているんだからね。
f0002218_1123382.jpg



暖かいコメント、本当にありがとうございます。
昨日は、丸の内線に乗りながら、コメント読んで「うえっ...あっううぅぅぅ...」と泣いてしまいました。
(;´д`)トホホ…
とてもとても支えてもらっています。
ありがとう、心から感謝します。
[PR]
今日もミニマムは生きている。
術後の痙攣が心配だったけれど、お昼に確認した時点では起きていないとのこと。
よかった。
ほんとうによかった。
明日も生きて。
そして、お願い。
食べて。
食べて、もう一歩前のステージに前進しよう。
生命力、あるよ、君は。
わたしは、きちんと分かってるんだから。
f0002218_21292236.jpg

[PR]
みんなたち、ありがとう!
ミニマムきちんと生きてます!
1時間30分もの手術を乗り越えて
かえってきました。

でもまだとても危険な状態には違いないけれど


それでもとにかくよかったほんとによかった

意識もあるし、また明日、そしてまた一日、一緒に生きて行きたい!


皆さん、突然こんな内容で更新したのにたくさんのメッセージをくれて

ミニマムに熱いエールが一直線に届いたんだと思います

まだわたしがドキドキしていて冷静になれません

でもとにかく
神様ありがとう
ミニマムありがとう
先生ありがとう
みんなたちありがとう
みたらしくん、明日からもミニマムをがっちり守ってよ!



ミニマムに明日も明後日も来ますように!
[PR]
詳しいこと...書くと長くなってしまうのですが....



今日、20日(土)の午後から「ミニマムくん」が大きな手術をします。

門脈体循環シャント

先天性の血管奇形

とても難しい繊細なオペです。


ミニマムの状態はとても悪く、もう長い間入院しています。
このままでは、死んでしまうのです。
手術するのも本当はとても危険な状態なのかも知れません。

いろいろと悩み、考え、話し合いました。
すでに、脳障害も出始めている傾向があります。
自発的な食事は9日間摂れていません。



希望を持っちゃ駄目ですか?
生かすことは人間のエゴでしょうか?
諦めないのは罪なことでしょうか?
わたしのしていることは馬鹿げていますか?



ほわほわの雲に包まれて、天国で過ごしたほうがミニマムは嬉しいのかな。
早く楽になりたいのかな。






そんなことない。
ミニマムはわたしの家族。
わたしから離れちゃ駄目なんだよ。

みたらしくんは、ミニマムの体をたまーに借りて、わたしに甘えにくるんだよ。
なんで、君まで天国に行っちゃうのよ!
そんなの駄目....絶対に。





まずは麻酔から覚めて。




先生は、門脈シャントのエキスパート。
絶対に大丈夫!

早く帰ってこい!!!!!!!!!



PS.いつも遊びに来てくださっている皆様へ

 ヒトの思いって時として、すごいパワーをもたらしてくれます。
 心の隅っこでいいので、ミニマムにパワーを送って下さい。
 みたらしくんは、応援団長!
 そして、皆様の思いがミニマムのパワーになりますように!!!!!!

f0002218_11275389.jpg

[PR]