<   2009年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

日曜の夜から、里親さん候補のお宅で「トライアル生活」を送っている「白茶くん」です。
昨日、ご家族の方から、わたしの携帯にご連絡が.....!

電話に出る直前のわたしのキモチ。
「ああぁ。きっと、(ビビりの白茶くんのことだから)どこかに隠れたまんまで姿も見せずに、
 みんなを困らせちゃってるんだろうなぁ。今夜にもお迎え(返却...)コースかなぁ?」

で、おそるおそる「白茶くん、ど、どうでしょうか....?」と聞いてみたら。

な、な、なんと!!!!

2日目にして、撫でさせちゃってるうえに、先住猫ちゃんとコンビ組んで遊んじゃってるし、キャットタワーの頂上まで登っちゃってるし、トイレもきちんと成功しているし、ゴハンもガッツリ食べてるし、


んもーーーーーー、ビックリ!!!!


て言うか、正直に申しますと、
「絶対に白茶くんは、新しい環境には馴染まない。きっとうちに返されてしまう!」
と思っていたわたしなのでした。(;・∀・)アセアセ
親ばかの大勘違い!?お恥ずかしい....
初のご対面の時には、先住猫ちゃんも、かなーり嫌がって?怒っていた様子だったので、
半ば諦めモードだったわけです。

だから、このご報告を聞いたときには、なんていうか、感動して全身に鳥肌が立ちましたよ、ほんとに。
「白茶くんなりに、きちんと自分の人生を歩き出してるんだなー!」ってジーンときちゃった。ほっんとに良かった。少なくても1週間は「隠れたまんま」と予想していたのに、この調子ならもっともっとハイペースで仲良くしてもらえそうだよね^^

新しいご家族からも「この調子ですし、是非、白茶くんを我が家へ...♪」とのお言葉を頂きました。
あーん!嬉しい!!!

そんなわけで、今回もまた、とても素敵な、あたたかいご家族とご縁がありましたぁ~!
ツライコトばかりじゃなくて、イイコトもちゃんとやって来るものだよね。
だからこそ、毎日をがんばって過ごそう!って思えてくる。

とりあえず今週末にでも、正式に譲渡の手続きをして、「白茶くん」の新しい飼い主さん探しは終了いたします。ネットを通して、皆様にご協力して頂いたお陰で、このようなご縁を頂くことが出来ました。本当にありがとうございます。

今まで一緒に生活していた「白茶くん」とのお別れは、寂しくないといえば嘘になります。だけど、ね。「みたらしくん」のことで色々と学んだことも多かったし、多頭飼いのバランスも考えなくちゃいけないって気づいたし。「白茶くん」、どんなお名前をつけてもらうんだろう?きっと「~太」ってつくシリーズかな!?ふふふ♪また新しい飼い主さんから許可が出たら、こちらで報告いたします^^めでたし、めでたし♪

f0002218_112791.jpg

[PR]
「ミニマム」をうちで飼うことが決まって以降、なんとな~く「自然消滅!?」的な雰囲気が漂っていた、我が家のネコちゃん里親募集の件。
そんなことはありませんよぉ~
水面下では、いくつかの問い合わせを頂きつつ、ちゃんとお話は進行しているんです。えへん。

f0002218_13562654.jpg

そしていよいよ!
昨日、「白茶くん」が里親候補さんのお宅でのトライアル生活を開始いたしました。
なぜに「トライアル?」と言うと....お写真を見て頂ければ分かると思うのですが、なんせ「白茶くん」てば、もう「赤ちゃん」と言うよりは「成猫!?」って大きさでして。(;´Д`)
でもね、まだ生後6ヶ月なので、子猫と言えば、うん...子猫?子供?ま、そんな感じなのですけどね。

f0002218_13565235.jpg

しかし、すでに「自我」も芽生えている上に、我が家での生活期間も長くなってしまったため、飼い主が変わること、住居、環境の変化を「白茶くん」が受け入れられるのかが!?問題なわけです。そんなわけで、とりあえずは「トライアル」ということになりました。ああ...上手く馴染んでくれるといいんだけどなぁ。祈!

f0002218_13582576.jpg

里親さん候補のご家族の方は、「赤ちゃんではなくて、あえて、ある程度成長している子を」と希望してくださったので、条件的には「白茶くん」はピッタリなわけで、残すは「白茶くん」の適合性のみ!でもね。どういう結果になっても、我が家的には、「白茶くん」の受け入れもOK状態なので、のんびりと結果を待ちたいと思います。

f0002218_13572435.jpg

ちなみに、結構「見た目重視」のわたし的には、うちのメンバーで一番の「イケメン」だと思っているのが、この「白茶くん」なのです。全体まバランスと雰囲気。そして顔!いい日本猫になると期待大の子なのです。獣医さんによると性格は「虫の心臓」でビビリらしいけどねwビビリくらいの子が何かと安全に生活しやすいからいいものさ♪

「おーい!白茶くーん!新しいお家でがんばってるかーい?」

幸せになる道は、いくつもあるんだよ。
それを選択するのは君自身。

素敵な未来を選んでほしいなぁ。  愛

f0002218_14111223.jpg





゚・*:.。..。.:*・゜(*´∀`)。. .。.:*・゜゚・<ミンナタチヨロシク

現在、3つのカテゴリーに登録しています。
ぜひとも、2つ以上のバナークリックをお願いいたします。
ご面倒をおかけしますが、よろしくおねがい致します。

このランキング参加は、子猫ちゃんの新生活が
全員決定するときまで続ける予定です。
皆さまのパワーをぜひ分けてくださいませー!!!


f0002218_20251218.jpg




にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
[PR]
f0002218_14553344.jpg

みっくん。
結局、具合が悪くなってから、きちんと食事がとれたのは、1日だけだったね。
あんなにゴハン大好きで、盗み食いの常習犯だったみたらしくんが、
何日間もゴハンを食べられないなんて、きっと辛かったよね。
今はもう大丈夫かな?
きちんと食べてますか?
メタボに気をつけてね!
さ、晩御飯もしっかり食べてね。

f0002218_17163911.jpg




メソメソ飼い主の「愛」です。こんにちは。
今回の件について、たくさんの方から、メッセージをいただきました。
お返事が遅くなってしまい、本当にすみませんでした。
いま...お返事書きました。
「みたらしくん」が死ぬ前に頂いたメッセージには、「みたらしくん」が生きている前提で、
わたしなりの気持ちをお返事させていただきました。
そして、それ以降の書き込みには、現在の気持ちとお礼を書かせていただきました。

まだ、ほんの少し、わたしの心は空気が抜けた状態かも知れません。
でも、いつまでもこのままってことはないので大丈夫です。
わたしには、たくさんの家族たちがいますからね。
がんばらなくちゃ!

本当に、本当に、ありがとうございました!!!

f0002218_17231510.jpg




■■■■■■これより先は、「みたらしくん」が息を引き取ってからの写真が数枚UPされています。
そのような写真が苦手な方は、開かないでください。よろしくおねがい致します。

→→ 続きを読む
[PR]
今日、これから、「みたらしくん」が、我が家を旅立ちます。

みっくんが死んだ直後は、今まで感じたことのないような喪失感に襲われてしまい
正直「あれ?わたし、ヤバイかな?」と、真剣に思いましたが、丸1日、みたらしと一緒に時間を過ごしたら
少し気持ちが落ち着きました....
1日中、泣いてるわけにはいきません。

みっくんを、たくさん、たくさん、撫でました。

みっくんに、何回も、何回も、Kissをしました。

みっくんの横に並んで、お昼寝もできました。




手足も、お耳も、お尻も、もちろんお顔も、ピカピカになったみっくん。

わたしが君の「おくりびと」を務めたよ。

あんなにやせ細っていたのに、今朝は、ふんわりと丸みを帯びてきた身体。

不思議だよねぇ。

あ、そうか。

昨日、出しておいたゴハン、きちんと食べてくれたんだ!

よかったー!ちゃんと食べられたんだね、みっくん!

じゃぁ、朝ごはんも食べてってね。

今日は忙しいよ、みっくん^^






あ、葬儀屋さんから携帯に連絡が入りました。

さぁ、みっくん。

もうそろそろだよ。

みんなにも「行ってきます」言わなくちゃね。






----------------------------------------------------

みんなたちへ

ボクへたくさんのおうえんをいってくれて、ほんとにアリガトウでした!

ボクはまた元気になって、みんなたちにあえるといいなって思ってます。

ありがとう。

またね!

みたらし


----------------------------------------------------
[PR]
f0002218_933436.jpg
今朝、

9月17日(木曜日)午前6時ちょうど

「みたらしくん」が、わたしの腕の中で、永遠の眠りにつきました。

「みたらしくん」は、最期の最期まで、わたしをきちんと認識していました。

「早くまた会いに来て!」と言うと、最期に「ニャァ」と返事をしてくれました。

お互いの頬をくっ付けるのが、わたしとみたの「愛のしるし」でした。

お別れの時、みっくんは、首をグンと伸ばして、わたしのホッペに顔を寄せてくれました。

大好きな「みたらしくん」

今は、まだ、悲しすぎて、君を手放すなんてこと考えられないでいます。

そんなんじゃ駄目だよね。

みっくんは、早く生まれ変わって、またわたしの前に現れる準備しなくちゃ!だもんね。

みたらしくん、本当にごめんね。

もっと生きていたかったよね?

毎日の通院、大変だったかな?

本当にごめんなさい。

でも、わたしからは、君に、たくさんのありがとうを言いたいよ。

みたらしくんと出会えて、わたしは、本当に本当に幸せだったよ。

ありがとう、みっくん。

大好きだよ、みっくん。

ゆっくりお休みしてね。

またいつか会いましょう。

その日まで、みんなのお世話がんばってるからね!

楽しみにしています。

またね。本当に、またね。


親愛なるみたらしへ 愛より

f0002218_934832.jpg



PS.コメントのお返事、しばらくお休みさせてください。ごめんなさい。
  落ち着いたら、きちんと返信させていただきます。
[PR]
f0002218_22595844.jpg

みなさん、ケータイからこんばんにゃん!
みたらしです。
ボクは愛さんといっしょに
まいにちノムラセンセのびょういんへかよってるよ!
今日もふといチュウシャをがまんしたから
みんなにたくさんほめてもらった!

ぼくはがんばって元気になるからまっててよね!明日もいってくるからね!

愛さんはまいにちメソメソしててつかれてるみたいだから
こんやはボクが書いてみたよ!
またね!みんなたち!ばいばい!

みたらし
[PR]
今日は、野村Vセンタで、みたらしくんの検査結果が出る日でした。
原本は郵送なのでまだ届いていませんでしたが、病院にはFAXがありました。
結果は....."それ"でした。 発症後、1、2ヶ月以内でほぼ全例死亡してしまう恐ろしい病。
あの野村先生のところでも過去の生存例は1件しかありません。

この結果は、先生が検査をする前から予測をつけていたので、覚悟はできていました。
けれど.......涙が勝手に流れてきてしまいます........

>>続きを読む
[PR]
本日も中野区の病院へ、みっくんと通います。
毎日、毎日、一所懸命みたらしくんはがんばってます。

みたらしは、うちのネコたちの中でも、特に小心者で病院嫌い。
子猫のときから病院では「(洗濯)ネット認定ネコ」ちゃんで、それがないと
ワクチンも触診もなーんにもできない子だったのです。

もちろん移動の段階から大騒ぎ(;´д`)トホホ…
クルマの中では「ミギャー!ミギャー!」と絶叫タイプ。

今回、体調が悪くなったときの通院も、最初はちこっと大変だった。
フラフラしている分だけ「少し大人しい」だけで、移動中の車内では、
口から出血するまでケージを噛んでみたり、爪が割れるほど「出して!出して!」と暴れたり....

でもね、病院につくと、いつも少し違うんだよね、みたらしくん。
怯えてはいるんだけど、過去と比べて見違えるように、イイコなのです。
「診察してもらうんだ」って自覚しているかのような様子。
ギュッ!と目をつぶって、何本もの注射を我慢している姿を見ては、わたしの方が
毎日ボロボロと泣いてて情けないくらいです。

これは今日、診察室で撮った写真。
オニューのキャリーなのだ!えへんっ!カッコいいでしょ?
先日まで、バリケン100で通院してたんだけど、みたらしを出すときに、
無理矢理引っ張ったり、斜めにして振り落とすようにするのが可哀相になっちゃって....
そんなわけで、病院の帰りにペットのコジマへ寄り道して、上部がパカッと開くタイプのを買ったのです。
これすんごく使いやすくていいね!!!かなりお気に入りです。

f0002218_2301146.jpg

みたらしくんは、毎日、ここに通院しているだけあって、すっかり慣れちゃってます。
落ち着いて、ゴハンを食べたり、スヤスヤと眠ったり...なんだか貫禄あるお顔だよ。
早く元気になって、この「通院キャリー」ともサヨナラしなくちゃね。
また明日もがんばろ!みたらしくん!


そして帰宅.....
軽くa/d缶を食べたら、安心したのか深い深い寝息を立てて
寝てしまったみたらしくんです。
みたらしは、今、他のネコちゃんたちとは別のお部屋でひとり暮らしです。
お見舞には、官ちゃんが毎日通ってます^^
官ちゃんて、どのニャンコとも仲良しさんでエライよね、ほんとに。

f0002218_233345.jpg

f0002218_233459.jpg

みんなと1日も早く合流できますように。
神様、みたらしくんを元気にしてください....
[PR]
野村先生の病院へ通院して5日目が過ぎました。
特に何も変化はありません。
ただ、ただ、危険な状態のままです。
あ、、、1日だけ、ちょっと元気な日がありました。日曜日にね、
突然、ダンボールハウスから出てきて、日光浴を始めたんだよね。
まさかとは思ったけど、玩具で少し遊んだの。
その後も、「ボクの玩具だから取っちゃ駄目だよ!」って、手で押さえてるの!
体力が落ちてて、頭を支えるのが精一杯でフラフラなのに....

f0002218_274051.jpg
f0002218_275214.jpg






今日は、これから、もう一歩先の「検査」をしてきます。
結果はすぐにはでません。3日後とかかな。

そして、その結果が「悪い」だった場合、みたらしが死んでしまう覚悟は必要かと。
って、言われたわけじゃないけれど。

そんなこと言う病院じゃないし、そんなこと神のみぞ知るだし。

だけどネットで、その病気を調べたら、どこもかしこも
「1~2ヶ月での死亡率95%」と書いてあります。
不治の病。現在、日本にはその治療法はなし。




わたしに秘密コメントで病名の候補をあげてくれた方。
なんかすごいなって思います。
ドンピシャでした。
そのことがなかったら、色んな意味で、今はなかったと思います。
野村Vセンタにも、駆け込まなかったと思うから。


blogって、すごい。


見ず知らずの方から、こうやって助けてもらったり、励まされたり。
リアルの世界で知り合ってたら、なかなかそこまで、関係を深めるって時間を要するよね。
なのに、ネットという世界ならではの「チカラ」が作用すると、見ず知らずの人が、とても近くに一気に入って来るんだよね。良いことも、悪いこともあると思うけれど。

もうしばらく、落ち着くまで時間がかかりそうです。
でも、落ち着いたら、改めて、ご連絡させてくださいね。
本当にありがとうございました。

その他にもいろいろとメッセージ、ありがとうございます。
きちんとお礼が言えてなくてごめんなさい。とても感謝しています。
パワーをもらっています。

ただ....わたしは、比較的....このブログには.....全部を書くことを避けています。
イヌネコの話に限らず。赤裸々って苦手なので。

もう「みたらしくん」のこと書かないかも知れません。
書くかもしれません.....

よくわかりません。


明日も、中野区です。
多分、これからもずっと。
みたらしが前みたいに、元気な悪ガキにもどるまで、毎日、あの病院に通います。
できることは全てやる。



おやすみなさい。

みたらしくん、また、明日も、一緒にね。
[PR]
昨夜から深刻な状態になっていた「みたらしくん」。
病院では、かなり詳しく血液検査などをしてきました。
先天性的な内臓疾患等は、数値的には大丈夫そうです。
もちろんエイズ、白血病も大丈夫。

f0002218_0403044.jpg

ただ、心配しいてる伝染病の検査は、とりあえず現時点では見送りに。
まずは、5日間何も食べていない、重度の貧血状態を改善させることになりました。

とりあえず、先生の見解では「それ(心配している病気)」ではなさそうとのことなので、ほんの少し安心しました。だけど、一刻を争う状態には変わりません....明日も先生のところへ行きます。
やれることはすべてしよう。
諦めるなんてあり得ない。

みたらしくんはわたしが死なせません。
心配とか不安とかいうんじゃなくて、もう、絶対に死なせない!!!って、
そう誓った1日でした。
診察中はメソメソと泣いてしまったけれど、
そんな弱気でいちゃ駄目なんだって!思える出来事も起きたし。
それは....

検査後、院内で驚くことがおきました。
5日間何も食べなかった「みたらしくん」
チーズも、焼き魚も、お刺身も、栄養食の缶詰も、何を出しても拒絶していた「みたらしくん」
なんと診察室で、「試しに....」と出されたヒルズ缶を食べ出したのです。
奇跡だよ、もう。
あんなに、わたしがいろいろとやってきてダメだったのに、
初めての環境で、知らない先生たちに囲まれて、補ていされクタクタになり、注射、点滴を何本もした後なのに....!!!!

まさか5日ぶりの食事を食べだすなんて!!!!!

これって、「命を救うんだ!」っていう、パワーがあふれている場所ならではの現象かな。って。
とにかく驚いたわたしなのです。
写真は、出してもらった缶詰を食べ終わったときの一枚。わたしが持参したお水もしっかりと飲んでた。
みんなの「がんばれ!」の掛け声が通じたの?
ぐったりと倒れるように寝ていたのに、食べ終わった後には、箱座りもできるように。
ほっんとビックリだよ。

f0002218_0412321.jpg

でもね、帰宅してからは、かなり疲労感たっぷりで寝込んでいる「みたらしくん」です。

可哀相ですが、生きるためにも強制的にカロリー補給を数時間おきに行います。

f0002218_0414391.jpg

もし本当に風邪だったとしたら、「ミニマムくん」からの感染かな。それとも、何回か屋外へ脱出していたときに感染してきたか....なんにしても、わたしの管理不足が原因です。ワクチンだって完璧じゃない。たかが風邪、されど風邪。わたしが「みたらし」の命を粗末に扱ったんだ。「きっと大丈夫、多分大丈夫」と、新しい子猫を気安く受け入れ、先住猫と合流させた。「あーあ、また逃げちゃった」と過去10回近く脱走させてしまっている。わたしが甘かったし、緩かったし、軽かった。今更反省しても遅いけれど....もうこんなことは絶対にないように。命の重さをもう一度きちんと考え直さなくちゃ駄目だと痛感した。

「みたらしくん」が我が家へやってきた今年2009年1月のblog記事を読んでは涙が止まりません。まだまだ小さい「みたらしくん」。純真無垢な真っ直ぐな瞳。ほんとうにごめんなさい、みたらしくん....大好きなのに。


コメントとメール、ありがとうございます。
まだまだやれることはすべてやってみます。
1日も早く、元気な「みたらしくん」の姿がお見せできるように。
[PR]