幸せなちゃーちゃん。

ドーベルマン桜子へ、たくさんのお花とメッセージを頂きました。
飼い主は次々と届くお花に戸惑ってます。
本当にありがとうございます。
でもでも!!!初七日も終わりますし、もう本当にお気持ちだけで...お願いします!
桜子がお花に埋まってしまいますので^^

さて!
綺麗なお花たちの写真。見てください。
桜子さん、絶対に喜んでますよ。
「アイサン!わたしのお花、すごいでしょ!」ってドヤ顔していること確実です。
皆さん、桜子をイメージしてお花や色味を選んでくれたことと思います。
わたしはそれがとても嬉しくて....涙
どのお花も、ちゃーんと「桜子」しているんです。
ちゃーちゃんてば幸せ者だなぁ....

f0002218_23355450.jpg

f0002218_23361867.jpg

f0002218_23363356.jpg


お花について、ひとつエピソードをご紹介。
犬に花?豚に真珠?と思いますよね?普通...

7月10日に、無事10歳の誕生日を迎えることができたドーベルマン桜子。あれやこれやと食べ物やオヤツのプレゼントに埋もれて幸せ顔をしていたところに、お知り合いのドーベルマンオーナーさんから花束が届いたのです。

わたしは「わぁ!きれい!」と花束を抱いて部屋に入って桜子に言いました。「ちゃーちゃんには花束の良さなんてワカンナイでしょ~?ふふーん♪」と。そうしたら何と桜子は、久しぶりに前足を持ち上げてウヒョったんです。嬉しい時や、テンションが高いときにする仕草。半ジャンプです。

体調を崩してから、その仕草をすることは一度もありませんでした。「えええぇぇ!?花束、わかるの!?これ、ちゃーちゃんのだけど...」と、抱いていた花束を差し出すと、ちゃんと目で確認して、顔をくっつけて、わたしを見上げて「嬉しい、嬉しい!」と言うのです。ま、わたしが嬉しそうにしていたから、桜子も同調したと言えばそれまでなんですけどね。お祝いのメッセージを読み上げてあげると、「うんうん」と、きちんと聞いてましたよ(笑)おかしいでしょ?
そんな出来事があったのです。

だからきっと、こーんなに大量の花束に囲まれた今。彼女はきっと有頂天になっているに違いなーい♪「桜子だけ」「ちゃーちゃんだけ特別」「これは桜子のなんだよ」そうやって言われると「うっひょー!」って元気になっちゃう単純な桜子。とても素直でかわいいドーベルマンでした。たくさんの人たちに想われて、本当に幸せな最期だったよね。天国で、「あたしが死んだときね!山ほど花束届いたんだから!すごかったんだから!」と自慢しすぎて、お仲間にKY扱いされてないか心配です...なんてね。

飼い主がまだ凹んでるのなんて気にしてないだろうなぁ~?いやいや、わたしのこと今もちゃんと心配してるよね~?心配しててよぉ、ちゃーちゃん(笑)



今回は、桜子の闘病から現在に至るまで、皆様のあたたかいお気持ちを頂くことになり、心より感謝しております。わたしの精神面や体調までも心配して頂き....でもね、意外と普通に生活できていますよ。(少し風邪気味ですが)ちゃーんと食べてますし、寝ています!ただ....桜子の写真を見ると、ちょっとツライのです。特に、ここ数ヶ月の写真は全く見ることができません。あまりにも濃かった闘病生活。桜子とわたしで乗り越えてきたこの時間....振り返るのはまだ当分先になりそうです。

【悪性リンパ腫のドーベルマン桜子】と、
【門脈シャント/てんかん発作の猫ミニマム】の闘病記録として再スタートしたこのブログ。

今後は、ミニマムのことを優先して書いていく予定です。
そして、気持ちがイイ感じに落ち着いている時は、桜子について書けたらいいなと思っています。それと,,,,まだ途中の記事もあるんですよね。汗。これとか。もう書き上げてあるので近々Upします。

ではでは....
約1週間ぶりにPCを立ち上げた飼い主なのでした!
これからは、ゆっくり、マイペースに更新していきますが、
よかったらまた覗きにきてやってくださいませ。
ありがとうございました。


[PR]